人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

エルビーダが整理銘柄になりましたが相変わらず株価は7円程度で推移してますが
これって何かのきっかけで倒産せずにこの株が浮上する事はあるのでしょうか。

●質問者: dvd-mania
●カテゴリ:就職・転職 経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Baku7770
●10ポイント

整理銘柄ですから1ヶ月取引が可能なわけで、その間のマネーゲームを楽しんでいるだけですよ。
http://allabout.co.jp/gm/gc/22562/2/


2 ● oil999
●10ポイント

マネーゲームとなり株価が上昇する場合があります。
過去に、西武鉄道とライブドアが整理ポストに入ってから急上昇した例があります。
http://www.geocities.jp/yuunagi_dan/jissen/Jissen091.htm


3 ● papavolvol
●80ポイント ベストアンサー

エルピーダメモリーズは、過去にも倒産の危機にあってきています。その時には日本政府の支援で延命してきています。

エルピーダメモリーズはもともとNECと日立が母体です。どちらも日本政府との結びつきがとても強固です。さらに後には三菱電機も取り込んでいます。日本政府が今回も支援する可能性はあると思います。

また、エルピーダメモリーズを精算すると、出資者は資金を全く回収できなくなります。借金を減額したり支援を行って、会社を再生させて出資金を回収できる見込みがあるかもしれません。そのため、会社を精算するのではなく、出資企業が支援して会社の再生を目指すという可能性も高いと思います。

それでは大株主は誰なのか、エルピーダメモリーズのサイトで確認してみましょう。

  1. みずほ信託銀行株式会社 退職給付信託 日立製作所 再信託受託者 資産管理サービス信託銀行株式会社
  2. 日本マスタートラスト信託銀行株式会社
  3. 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)
  4. 日本電気株式会社

上記を読むと、エルピーダメモリーズが倒産すると、日立製作所が退職金のために積み立てたお金、その他の会社の退職金や年金に積み立てたお金、そしてNECの資産がそれぞれ無くなることが分かります。

これを考えると、自民党、経団連などの財界、官僚たちは、エルピーダメモリーズを支援するように動くのではないかと思います。
整理銘柄になるというのは証券取引所で売買できないことは確かです。しかし、その時に現在の株券が紙切れになってしまうのか、売買できない期間があるけれど眠らせておけば再上場した時にはまた売れるようになるのか、それは今はまだ私たち庶民にはどちらとも分かりません。

なお、現在の株の取引に関しては、株式の値段がとんでもなく安い今のような時期には、1円の変動がパーセンテージにすると大きな損得になるので、そこにチャンスを狙っている人たちが取引していると考えてください。7円で買った株が何かの間違いで8円になったら、14%の売却益を得られるわけです。


dvd-maniaさんのコメント
皆様色々勉強になります。ありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ