人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

とても幼稚な質問ですがどうかお付き合いください。
小学生になったばかりの頃、ニュースで日本の借金について取り上げていたのを見て
なんで発行した(一部の)貨幣を借金の返済に充てないんだろうとふと思いました。
「造幣局と政府は属している組織が違うからうんたらかんたら」というのを聞いたような
気がしますが全然自信がありません。
どなたか理由を教えてください><

●質問者: salty_Y
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ

http://www.tek.co.jp/president/tek994.html

新しく作られたお金は誰のもの?
ということですね。

国のものじゃないから 国の借金に 当てられないんですね。


salty_Yさんのコメント
うーん、難しいですね。 日本銀行は財務省に属しているのかと思っていました。

2 ● うぃんど
ベストアンサー

日本で発行できる「お金」は二種類あります

(a)現在流通している紙幣、硬貨

日本銀行が発行し、銀行を通じて世の中に流通しています

銀行は、企業や個人の預けた金をデータとして管理し、
預金者の求めに応じてお札や硬貨を払いだします

日本銀行は、現金の流通量を考えて紙幣や硬貨を製造し、
銀行を通して預金者に払いだします

預金者に払い出すのではなく、税金として徴収されたりすれば、
それは日本銀行が赤字になるだけとなります

(b)日本政府が直接発行できる政府貨幣

預金者の有無に関係無く、政府が独自で作成するため、
安い材料で作って、差額を税収とすることも可能ですが、
自分でお金をじゃんじゃん作って借金を棒引きにするような国を、
誰が信用するのかという話になってきますので、今のところは実現していません


salty_Yさんのコメント
なるほど、自分で自分の借金を消してしまうと外国から信頼を失ってしまうからですね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ