人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本は財政破綻しそうだと言われているのに、なぜ円高なのでしょうか。

●質問者: draftand
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● oil999
●13ポイント

日本が財政破綻すると言っているのは、おそらく当の日本人だけでしょう。

財政を論じるときには、その国の経常収支を見るのが国際常識です。
日本は昨年、震災で所得収支が大幅に減り、貿易収支が赤字になりましたが、それでも経常収支は10兆円と大幅な黒字なのです。
http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_eco_bop-balance

日本は、中国には劣るものの、安定して経常収支黒字の国で、ユーロ圏よりはるかに安定していると考えられているのです。
各国の経常収支額は、以下の資料の15ページをご覧ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ecodata/pdfs/k_shihyo.pdf


draftandさんのコメント
どうして経常収支が黒字であれば安心なのでしょうか?国の税収がいくらかと、経常収支が黒字であるかとは、必ずしも直接リンクしないように思えるのですが。

oil999さんのコメント
国の税収と経常収支はリンクしません。 言い換えると、税収と通貨の価値は必ずしも連動しません。とくに、ドル、ユーロ、円のような国際通貨の場合がそうです。 円は、国家予算(歳入)として利用されますが、それは円の役割のほんの一部です。円は国際通貨として貿易取引や為替取引などにも利用されており、むしろその額の方が税収より大きいのです。 日本は国家予算の歳入・歳出ベースでは赤字ですが、経常収支は黒字ですから、国・地方・民間を合わせた財産は増えています。これが円が信頼される根拠です。

draftandさんのコメント
「経常収支が大幅な黒字だから、財政破綻するとはいえない。」(≒財政破綻すると言っているのは日本人だけ) とのご意見だったかと思いますが、どうして経常収支が税収にリンクしないのに、「経常収支が大幅な黒字だから財政破綻するとはいえない。」といえるのでしょうか? コメントで頂いたお話は、「経常趣旨が大幅な黒字だから、円が信頼される。」と言っているだけで、「財政破綻するとは言えない」という結論に結びついていないように思います。

2 ● pyara
●13ポイント

日本の財政赤字のウェイトの多くが国債の発行であり、
その発行先は国内の金融機関がほとんどのため、
国債の価格が暴落する恐れは少ない、という話はよく聞きます。


draftandさんのコメント
なぜ国内の金融機関が発行先だと国債の価格が暴落しないのですか?

3 ● suppadv
●13ポイント

簡単に言うと、ドル、ユーロ、円、が全部破綻しそうな勢いなので、一番破綻が遅そうな円が高くなっているだけです。


draftandさんのコメント
それはわかりやすいですね。でも、日本の財政は先進国中最悪だと言われているのに、なぜ円がドルやユーロより強くなるのでしょうか。

多食斎友好=世田介さんのコメント
『日本の財政は先進国中最悪だと言われているのに、なぜ円がドルやユーロより強くなるのでしょうか。』==>日本は政治的な押し(外交力??)が弱腰なので、各国に漬け込まれて、各国の政府・経済界の思惑の反映でしょう。(日本の輸出耐力を弱める??) そんな所かな。

draftandさんのコメント
各国が「円高にしてやれ!そっちの方が日本は儲からずにおれらが儲かるから。」と思ってるからということでしょうか?そんなんで為替ってうごくのでしょうか。

4 ● Baku7770
●13ポイント

幾つかの要因が重なっての結果ですが、最大の原因は日本がデフレ経済下であることとその一つの理由である借金まみれで金利を大きく上げられないことにあります。
また、財務省の人事評価基準で国の財産を増やしたことを大きく評価することとなっていること自体をあげる人もいます。
まず、デフレ=貨幣の価値が上がり物価が下がる。はご存知だと推測します。つまりデフレ経済下の通貨を保有し続けることはそれだけで金利が入ってくるのと同じ状態であると言うことです。
ヨーロッパやアメリカの経済が破綻しそうだとか言っているのはある意味正しいのですが、インフレ=貨幣の価値が下がることを懸念してのことです。
日本の場合、インフレを生じさせるように金利を上げて、日銀から市中銀行への貸出を増やしてと言った手段が使えません。計算してください。
流石に1000兆円もの借金があると市中銀行が一般企業に貸し出すより国債を買うように仕向けなければなりませんし、金利を下げる方向に誘導する必要があります。政治家は口ではデフレスパイラルから脱却と言っていますが、実際にやっていることは、金利が上がらないよう、国債の価格が下がらないように動いているだけなのです。
国債の残高を1000兆円、歳入予算は90兆円です。歳入予算の内訳は税収が42兆円、その他が4兆円、国債が44兆円です。
金利が1%増えれば国家予算は吹っ飛びますし、0.4%上昇で税収が、0.3%で社会保障費がと言った具合です。
http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2012/seifuan24/yosan001.pdf
実際日銀がインフレターゲットを表明したところ、円安に移行し80円台に復活しています。
http://www.zaikei.co.jp/article/20120304/97142.html
#a1のように財政破綻の危険性を懸念しているのは、日本人だけということはありません。それであれば、G20で安住財務相が日本の財政再建策を説明する必要はありません。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LZVH506K50Y801.html


draftandさんのコメント
ありがとうございます。なんだか難しいですねえ。 ちょっとずつ理解させてください。 >まず、デフレ=貨幣の価値が上がり物価が下がる。はご存知だと推測します。つまりデフレ経済下の通貨を保有し続けることはそれだけで金利が入ってくるのと同じ状態であると言うことです。 ⇒ えーっと、えーっと、デフレの通貨を保有し続けるということは、確かに、貨幣価値がだんだん増えていくわけですね。はい。そしたらそれだけで金利が入ってくるようなものですね、はい。 > ヨーロッパやアメリカの経済が破綻しそうだとか言っているのはある意味正しいのですが、インフレ=貨幣の価値が下がることを懸念してのことです。 ⇒ ?これはよくわかりません。経済が破綻しそうだと。で、それがインフレを懸念してのこと? > 日本の場合、インフレを生じさせるように金利を上げて、日銀から市中銀行への貸出を増やしてと言った手段が使えません。計算してください。 ⇒ ん?これはよくわかりません。金利が上がるとインフレになるのですか?金利が上がると貸し出しが減るのでデフレになるような気がするのですが・・・。 > 流石に1000兆円もの借金があると市中銀行が一般企業に貸し出すより国債を買うように仕向けなければなりませんし、金利を下げる方向に誘導する必要があります。政治家は口ではデフレスパイラルから脱却と言っていますが、実際にやっていることは、金利が上がらないよう、国債の価格が下がらないように動いているだけなのです。 ⇒ ええっと、1000兆円借金があると、まあ確かに金利があがったら国は大変ですね。だから金利を上げたくないと。 ま、端的に言うと、日本では金利を上げるわけにはいかないので、デフレ経済が続くので、円高が続くと。でもよくわからないのが、そもそも金利を上げるとデフレになって、金利を下げるとインフレになるのではないのでしょうか?

Baku7770さんのコメント
> ヨーロッパやアメリカの経済が破綻しそうだとか言っているのはある意味正しいのですが、インフレ=貨幣の価値が下がることを懸念してのことです。 ⇒ ?これはよくわかりません。経済が破綻しそうだと。で、それがインフレを懸念してのこと? ここは#a3と私の回答中その前のデフレを意識した文です。単純に財政破綻=通貨の信用力低下という図式による通貨安ではなく、財政破綻⇒インフレ懸念⇒為替市場における需要低下(予想)⇒通貨安といった図式だと申し上げています。 > 日本の場合、インフレを生じさせるように金利を上げて、日銀から市中銀行への貸出を増やしてと言った手段が使えません。計算してください。 ⇒ ん?これはよくわかりません。金利が上がるとインフレになるのですか?金利が上がると貸し出しが減るのでデフレになるような気がするのですが・・・。 これは私の申し上げたとおり、金利が上昇するインフレになる、インフレになれば金利は上がるです。 draftandさんのお考えのとおり、金利が高くなれば借りたくないと思うのは当然ですが、実際に借りる人は金利が高くても借りようとする人たちなのです。(生活困窮者という意味ではありませんよ) 説明しやすいのはインフレになれば金利が上がるという方ですが、金利を上げればの方を説明します。 まず金利が上昇する状況であれば、市中銀行は貸出に積極的になります。金利が低い時には貸せなかった少し危ない企業でも金利が高くなったんだから貸してやろう、金利が高くなった分倒産するまでに回収できますからね。 銀行が金利が上昇したことで貸出基準を緩め、貨幣の流通が潤滑になることでインフレになります。

draftandさんのコメント
> まず金利が上昇する状況であれば、市中銀行は貸出に積極的になります。金利が低い時には貸せなかった少し危ない企業でも金利が高くなったんだから貸してやろう、金利が高くなった分倒産するまでに回収できますからね。 銀行が金利が上昇したことで貸出基準を緩め、貨幣の流通が潤滑になることでインフレになります。 ものはいいようですが、これは完全に間違っており、結論が逆だと思います。よく考えてみてください。金利が上がるということは、銀行がお金を調達する際の金利が上がるということです。銀行が今まで1%でお金を調達できたとして、それに10%上乗せして11%で貸し出しをしていたとします。それが、銀行がお金を調達するのに10%かかるとしたら、今まで貸していた先に対しては、20%で貸さなければならなくなるので、そうすると、当然貸出先の中には、「11%なら借りるけど20%だったらもういいよ」というところがでてきて、結果的に貨幣の流通が押さえられると思います。だからこそ、デフレのときには日銀は金利を下げ、インフレのときには金利を上げて、貨幣の流通量をコントロールするのではないでしょうか?

Baku7770さんのコメント
逆だと仰いますが、現実は逆です。 説明のしやすい、インフレと金利の上昇を説明します。5%のデフレだとしましょう。現在100円のものが95円になります。計算しやすいように997,500円の現金を持っていれば、現在100円の物を9,975個買えます。 これが5%のデフレで単価が95円になりますから、10,500個買えるようになります。逆に5%のインフレだと単価105円で9,500個しか買えません。つまり、デフレ経済下だと利息を払って借りてもらっても損はしませんが、逆にインフレ経済下では利息を取らないと損をすることになります。 2点目顧客もそうです。デフレ経済下では今日100円で仕入れて120円で売ろうとした物が110円にしかならない。じゃぁ設備投資までして増産する必要はないと判断します。だから、高い金利を払ってまでという判断はしません。 逆にインフレ経済下だと100円で仕入れて120円で売ろうとした物が130円になる。じゃぁ高い金利でもお金を借りて設備投資をしようとなります。実際に20%の高金利というのはありえませんが、今高い金利を払ってでもお金を借りて設備投資をしようとなります。お金を借りてまで導入した設備の価格は借金を返し終えた時には値上がりしているでしょうし、早めの設備投資で機会損失は減っていますからね。 逆だと仰るのなら、金利が最低の現在がデフレの理由を説明してください。 仰っているのは経済情勢が一定の状況での金利による経営者の判断しか考慮されておられないものと考えます。

draftandさんのコメント
おっしゃってるのは、「インフレになると金利が上がる。」「デフレになると金利が下がる」ことの説明であり、それはわかります。私が違うでしょうといいたいのは、「金利を上げればインフレになる」「金利を下げればデフレになる」という点です。金利が上がるのはインフレの結果であって、インフレの原因にはなり得ないのではないかということです。 物の価格と需要とのバランスでもいっしょです。「需要が高まると価格が上がる」のはもちろんですが、「価格が上がると需要が高まる」とはいえないのは明らかでしょう(もちろん例外的事象はありますが)。

Baku7770さんのコメント
http://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/kobayashi/14.html 幾つか勘違いをされているようです。特に実質金利と名目金利については理解されていないように思われます。 さらに仰っているのは、短期的・ミクロ的な事象であって、長期的には誤りとなります。 >金利が上がるということは、銀行がお金を調達する際の金利が上がるということです。 金利が上がることによって、市民は預金の意欲を向上させます。その結果銀行は日銀から借りるよりも安く多額の資金を調達することができます。 さらに現在の日本のような超低金利が長く続くと市民は預金先を海外に求めます。そうなると、国内の貨幣がさらに減ると言うことになるのです。 また、企業経営者は名目金利で経営判断を行いません。実質金利と名目金利との比較です。 政策金利で左右されるのはまず、名目金利だけですから。

draftandさんのコメント
おおっと、ここに来て名目金利と実質金利の話ですか。今まで頂いたアドバイスの中に「金利」という言葉がたくさん登場しますが、どちらの意味で使われているのですか?

Baku7770さんのコメント
政策金利の話しですから、名目金利です。

5 ● こっば
●12ポイント

こちらは参考になりますか?

なぜ日本は破綻寸前なのに円高なのか: Report 3
http://gensizin4.seesaa.net/article/250757568.html

日本がなかなか財政破綻しない理由
http://crossroad1984.blogspot.com/2012/01/blog-post.html


draftandさんのコメント
ありがとうございます。これが一番説得力があります。

1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ