人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

失語症患者は新しい単語を記憶できるのでしょうか。たとえば失語症で入院した患者は、自分の病名、病院名、担当医師の名、看護師の名などを新たに記憶できるのでしょうか。

●質問者: ShinRai
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kumonoyouni
ベストアンサー

病状にもよると思いますが、こちらがご参考になると思います。

障害別の診断とリハビリテーション
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/sonota/riha_iryo/koujinou/files/koujinoum02.pdf

大脳の病変により聞く・話す・読む・書くといった、言語に関係する機能に障害が認められる状態が失語症です。失語症には、言語障害の症状の組合せによって、いくつかのタイプがあります。基本的には失語症は、話し方(発話)と、言葉の理解具合(言語理解)の状態によって大きく二つのタイプに分けられます。一つは「非流暢ちような発話で比較的言語理解のよい失語症」と、もう一つは「流暢ちような発話で言語理解の悪い失語症」です。

*** 中略 ***
失語を示す患者さんに対して「今日は何年何月何日ですか。」と質問しても答えられない
場合があります。しかし、日時も答えられないのだから痴呆ほうがあるとすぐに診断するのは誤りです。失語症の患者さんは聴いて理解することの障害や話すことの障害があるため、
この質問がどういう質問なのかが分からないか、又は分かっていても言えないのです。

一般に失語症があるだけの場合は、痴呆の患者さんが示す記憶障害などは示さないのが普通です。また知的な働きが全般的に低下する痴呆の患者さんと違い、周囲の状況を目で見て的確に理解し判断して行動することはうまくできます。耳からの理解(言語を通した理解)は難しくても、目からの理解や状況判断は良好です。言語の働きを必要としないような課題(積み木構成など)や日常の行動は、うまくこなすことができます。

※詳細は上記PDFをご参照ください。

ご参考になれば幸いです。


ShinRaiさんのコメント
大変ありがとうございました。 >健忘症の顕著な特徴は、新しいことを覚えて学習することができないという障害(記銘力障害)です。 >これは前向性健忘と呼ばれます。これは記憶情報が「短期記憶」から「長期記憶」にうまく転送されない状態(記銘が困難)であると考えられます。 この健忘症と、「非流暢な発話で比較的言語理解のよい失語症」と「流暢な発話で言語理解の悪い失語症」の関係はわかりますか。 健忘症は、この両方の失語症でおきるのか、失語症とは独立な現象なのか。

kumonoyouniさんのコメント
[http://www.phoenix-c.or.jp/~hideo/reha/kouen/014situg.html:title]の「健忘失語のかたの訓練と検査結果」がご参考の一つになると思います。

ShinRaiさんのコメント
運動性失語や感覚性失語と、健忘失語は、別のカテゴリーだと考えるようですね。 健忘失語においては、発話能力や、聞き取り能力は、おかしくなっておらず、単語だけ思い出せない、記銘できない。 脳の言語中枢はマトモであるのに、単語を失う病気なのですね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ