人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

カイ二乗と自由度によって求めるF検定についてわかりやすく教えてください。「分散の比較」といっても、実際にどういう比較がなされているのか、そしてFの値がその比較をどのように表しているのか(どのようにFの値を解釈するのか)がよくわかりません。

この手の話に疎いので、平易な言葉で噛み砕いて説明していただけると助かります。

●質問者: spin6536
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ita
●68ポイント ベストアンサー

F検定は二つのデータの「標準偏差」(あるいは分散)が同じかどうか判定する方法ですが、
この手の話に疎いということですのでもっと単純な、平均が同じかどうかの検定で説明しましょう

サンプル数が非常にいっぱいあればサンプルの平均値は真実の値にとても近くなりますが、
そうでなければ平均値は真の値からずれて、調査によって真の値の回りにばらつきます。

ふたつの調査で平均値を計算し、それが違っていた場合、それは真の平均値が違っていたのでしょうか(たとえば喫煙者と非喫煙者100人を調べて平均寿命が違ってたら、実際に寿命が違うのか)。あるいはたまたま平均値がばらついていただけでしょうか。

検定を行う場合、平均値が同じだとまずは仮定し、実際でてきたような平均値の差が「たまたま」ばらつきで出てくるようなことはどんくらい起こりえるのか、ということを計算します。
これが「こんなに平均値が違うほどばらつくことは0.1%の確率でしかおこりえない」という結果になれば「たまたまじゃなくて実際に平均値が違う」と結論できます。
そうじゃない場合は「この程度の平均値の違いはたまたま出ることもあるからもっとサンプル数が必要」ということになります。

F検定の場合は2つのサンプルの分散の比を計算します。分散が同じならだいたい1の周りでばらつきます。
http://cse.niaes.affrc.go.jp/minaka/R/R-F.html
二つのサンプルの数が増えるほど分布は狭くなります。
これが1から大きくずれてて、分布の端よりもっと離れていたら分散が実際違うと結論できます。


2 ● トライ
●66ポイント

http://www.env.nagasaki-u.ac.jp/sekkei/faculty/nakayosi/excel/yougo2.html
参考にしてくださいw


3 ● ksmrnp
●66ポイント

http://elsur.jpn.org/resource/anova.pdf
を参考にしてください

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ