人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昔と今では、ガンになる人はどれぐらい違うものなのでしょうか。
例えば、50年前、100年前では、どれぐらいガンになる人は増えているものなのでしょうか。

●質問者: surippa20
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● yarukimedesu
ベストアンサー

以下のページで色々とグラフがでていました。

がんの死亡数と罹患数はともに増加し続けている。

がんの死亡数と罹患数の増加の主な要因は人口の高齢化。

年次推移:[がん情報サービス]


100年前はありませんが、50年前ぐらいはあります。各種グラフをみると、ガンに罹る人の人数は、昔の方が少なく、増加の傾向にあるみたいです。

最近は少子化の傾向にありますが、100年前、50年前に比べると、人口は増化し、平均寿命の伸びてきているので、生活様式、食生活の変化等々、ガンに罹患する人も、自然に増えているのだと思います。


surippa20さんのコメント
ご回答ありがとうございました。大変参考になります。

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ