人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

運動しない人と適度に運動する人の平均寿命は何歳違いますか?
また、その運動は何Kcal程度使い物ですか?
当てずっぽうではなく、根拠と共に教えて下さい。

なお、マウスなど人以外の実験が根拠になっている場合、治験などみても結果が大きく異なりますので、なるべく除外して回答頂けると幸いです。

信頼性の高そうなデータについては多めに配分したいと思っています。
宜しくお願い致します。

※予測や根拠が不確かであったり、乏しいデータの場合、キャンセルにて終了致します。

●質問者: j4mika
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●195ポイント ベストアンサー

1日に約15分、週に平均92分の運動でも、ほとんど運動しない人より、
男で2.55歳、女で3.10歳寿命が違うようです。

週に150分の中等度の運動(週に5日間運動する人の場合、1日あたり30分程度の運動)の場合、男性で4.21歳、女性で3.67歳違うようです

台湾の国立彰化師範大学のポウェン・ク博士らは調査対象を、ほとんど運動しない群(約22万人)、1日に約15分、週に平均92分の運動をしている低運動量群(約9万人)、週に150分のWHO基準を満たす中等度以上の運動量群(約10万人)の3群に分類し、各群の死亡リスクから平均余命を計算した。

すると、低運動量群は運動をほとんどしない群に比べて、全死亡リスクが14%、がんによる死亡リスクが10%低かった。さらに、30歳時点での平均余命は男性で2.55年、女性で年長かった。
・・・・・

中等度以上の運動群は、運動をほとんどしない群に比べて全死亡リスクが26%、がんによる死亡リスクが17%低く、30歳時点での平均余命は男性で4.21年、女性で3.67年長かった。


http://www.nhs.uk/news/2011/08August/Pages/physical-activity-and-lifespan.aspx

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120202-00000018-pseven-soci


他 こんなのもありました。
http://www.southcentralscholars.org/data/downloads/Achieving_Your_Maximum_Potential_in_Body_Mind58801831017.pdf


j4mikaさんのコメント
回答いただきありがとうございます。 特に、30歳時点での平均余命がでており助かりまます! こちらで質問して本当に良かったと思える回答いただきありがとうございます。 また、もし他にも、具体的に平均余命や健康で過ごせる平均余命などのある論文等ありましたら案内頂けると幸いです。

2 ● fhtdd
●0ポイント

うーん
10歳ぐらい違うと僕は思います
やっぱり運動した方が長く生きれますよ
あと関係ないですが
好きな物をたくさん食べると
長く生きられるそうです


j4mikaさんのコメント
回答いただきありがとうございます。 エビデンスとなる物と、そこから導き出される平均余命も一緒に教えて下さい。 残念ながら今のお話だけでは、ポイントの配分は0ptとなる予定です。

3 ● ruirui01231
●2ポイント

奨量より少ない運動でも、平均寿命が延長
http://www.ohiso-naika.net/pdf/20111013_2.pdf


j4mikaさんのコメント
回答いただきありがとうございます。 この手の話は何度か見るのですが、具体的に、平均余命がどの程度伸びるのか分からないのですよね・・・ 例えば、30歳であれば、何歳健康余命寿命が延びるのでしょうか?

4 ● おもち?
●0ポイント

運動しないと体もなまって弱くなったり 病気になりやすいので まあ5歳?10歳 くらい違うのです


j4mikaさんのコメント
回答いただきありがとうございます。 エビデンスとなる物と、そこから導き出される平均余命も一緒に教えて下さい。 残念ながら今のお話だけでは、ポイントの配分は0ptとなる予定です。

5 ● 夜の一匹狼
●2ポイント

長生きってのとはちょっと違うけど、身体活動の度合い(身体活動度)と死亡危険率の関係のデータはあるようですね。(ただし、アメリカでのデータ)
各年齢層における相対的な全死亡(いろいろな原因でお亡くなりになる全数)危険率を表したグラフが下記のサイトに載っています。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yuustar/sbw_jmyo.html

この資料では、50歳以上の人では週に2,000kcalの運動をしている人は、500kcal未満の人に比べて死亡率が半分になっています。要は運動をしている人の方が死亡率は低いっていう結果ですね。
上記のサイトでも記載されているけど、「健康寿命」っていう考え方があって、寿命=健康寿命+不健康期間(寝たきりや、病院通い)で、出来るだけ健康寿命を延ばすにはやはり適度な運動がいいっていわれていますね。(いわゆるビンビンコロリ:出来るだけ元気に歳をとって、病気をせずに天国に行きましょうってこと)
知恵袋に乗ってましたwww


j4mikaさんのコメント
回答いただきありがとうございます。 私も、その表は見たことがあるのですが、パーセントで示されても、一体、運動をすることで、平均して、何年長生きできるのか分からず、こちらで質問させて頂いております。 具体的に平均余命や健康で過ごせる平均余命などのある論文等ありましたら案内頂けると幸いです。 現在の回答ですと、不本意ながらポイントをお付けできない感じです。 良く、統計マジックにありがちなのが、同じ様なリスクで1億分の1が4に変化した場合、300%増加して緊急事態だという話があるのですが、同じリスクなら、1万分の100が200になった方が影響は大きいはずですが、報道では何故か、300%増加の方のみ主張されて話が終わるなど、今一よく分からない論調があり、もう少し明確な話を探しています。

1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ