人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

雷についてです。
Q1雲が黒いと雷が鳴りやすいのでしょうか?
Q2雷が鳴りやすい雲とか教えていただけると
うれしいです。

ポイントを差し上げられなくてごめんなさいっ

●質問者: Fro$t_*±/v
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● うぃんど

A1.色の違いはあまり関係ありません
A2.積乱雲と呼ばれる種類の雲は雷を伴うことが多いです

(1)雲の色の違いについて
雲はどうして白いの
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/1420.html

雲も、光を反射しています。その光が目に入るために、わたしたちには雲が見えるわけなのですが、雲の光の反射のしかたというのが、じつは少し変わっているのです。雲は小さい水や氷のつぶがたくさん集まってできているために、光を同じ方向に反射しないで、さまざまな方向に反射します。これを乱反射(らんはんしゃ)といいます。乱反射はものの色を消して白く見せる働きをします。このあちこちにちらばった光が目に入るために、雲は白く見えるのです。雪が白く見えるのも、これと同じ理由です。

雲にはどうして白いのと黒いのがあるの
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/1422.html

遠くにあるかみなり雲を横から見ると、太陽をまともに受けていますから雲はかがやくような白に見えています。しかし、このとき、このかみなり雲の真下にいる人には、この雲は真っ黒に見えているのです。なぜなら、厚い雲の下にいると、雲はあまり太陽の光を反射できません。というよりも、厚い雲が太陽の光をさえぎってしまうのです。それで、かげになった雲は黒く見えるというわけなのです。


(2)積乱雲
地上と空の上のほうの温度差が大きいときに上昇気流が発生して、
雲がどんどん上に向かって積み重なるように大きくなると、
光をさえぎって黒くなっていきます(積雲と言います)

上昇気流で上のほうに移動した空気が上空の冷たさで冷やされると、
冷たいガラスのコップの表面に水滴がでてくるように、
空気中に水滴が現れ、それが雨となって地表に降り注ぎます

積雲がさらに大きく複雑になっていくと積乱雲となり、
おおくの場合は雨だけでなく、雷も発生します

夏場は上空の空気も(冬に比べれば)暖かいので、
上空で水滴になりにくく、積乱雲は白いままで雷だけを落としたりします
(ラピュタが隠れてるだけだったりしてね)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%8D%E4%B9%B1%E9%9B%B2

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ