人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自律神経のバランスと体調について教えてください。
季節の変わり目で気温の上がり下がりが激しいときに体調が悪くなったりしますが
気温が下がった時は、急に気温が下がる=交感神経優位=内臓の働きの低下なので体調が悪くなるのが理解できるのですが、急に気温が上がる=副交感神経優位=この時は内臓の状態はいいのではないかと思うのですが、どうして気温が急に上がっても体調に影響するのですか。わかりやすくご教授お願いします。

●質問者: koko24
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
●100ポイント ベストアンサー

気温が急に上がり下がりすると、気候があれてます。
これはつまり暖かかった(昼間の余熱が残っている)のに、
夕方から低気圧が急に発生したりするっていうことです。
低気圧は、人の皮膚にも影響をあたえています。お風呂から上がったとき、立ちくらみがするように、気圧も血圧にもわずかながら影響しております。
気圧が下がるとむくみやすいし、息はハアハア、心臓はどきどき、一生懸命おくりださないと血流+酸素が末端に届かなくなってしまい、末端の血液はもどりにくくなって、疲れやすい状態です。
また、大きな傷をうけてふさがったところは、もともと血管がとぎれがちで、そこに低気圧がくると血流がさらにとどこおりがちで、しくしく痛んだりするそうです。

ちなみに私もそうですが、家族のぜんそくもちさんたちも、3ー4月と9月には低気圧がくるから体調悪いといっています。できるだけ薬で備えています。この薬というのが、副交感神経刺激薬。つまり、低気圧がきて体調が悪いときは、やっぱり交感神経優位というか、もっとアドレナリンを出して心臓をどきどきさせないといけないぞ、と体が過剰にみがまえているのです(それが逆に気管支にはよくなかったりするようです。こういう過剰反応がアレルギーもってる人だけなのかはよくしりませんが)。それをゆるめるためのお薬をつかっています。
明日、明後日は低気圧が来ますから、みなさんお大事に。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ