人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

紳士淑女の諸君。聖書の好きな句は何ですか?
My dear Ladies and gentlemen. The Bible's favorite phrase?

1333979935
●拡大する

●質問者: Chem Love
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● サディア・ラボン

ダニエル書第5章の、25節から28節まで
そのしるされた文字はこうです。メネ、メネ、テケル、ウパルシン。
その事の解き明かしはこうです、メネは神があなたの治世を数えて、これをその終りに至らせたことをいうのです。
テケルは、あなたがはかりで量られて、その量の足りないことがあらわれたことをいうのです。
ペレスは、あなたの国が分かたれて、メデアとペルシャの人々に与えられることをいうのです」。


聖書の漫画に出ていたダニエルが男前だったので、
この場面が凄く好きです。


Chem Loveさんのコメント
旧約ですね。俺は何と言っても「最初に言葉があった。言葉は神であった」ですね。旧約の中では伝道者の書とヨブ記ですね。後は箴言かな。伝道者の書の 3:1 天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。 3:2 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。 3:3 殺すのに時があり、いやすのに時がある。くずすのに時があり、建てるのに時がある。 3:4 泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。嘆くのに時があり、踊るのに時がある。 3:5 石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある。抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある。 3:6 捜すのに時があり、失うのに時がある。保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。 3:7 引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。黙っているのに時があり、話をするのに時がある。 3:8 愛するのに時があり、憎むのに時がある。戦うのに時があり、和睦するのに時がある。 出典http://spgh-ecclesiastes.blogspot.jp/2008/01/blog-post_5393.html ですね
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ