人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

64bit Windows7のメニューバーに出る「互換性ファイル」って何ですか?
64bitのWindors7を使ってアプリをインストールすると、program files (x86)の下にアプリがインストールされ、そのフォルダーが読取専用となり、そのアプリが新規のファイルをそのフォルダーに作成すると、作成・保存されたファイルが見えなくなり、メニューバーに「互換性ファイル」というものが現れて、そこをクリックすると見えなかったファイルが見えるという現象が起こりますが、これはどのようなアプリのインストール時に起こる現象なのでしょうか? 64bitのwindows7のみに起こる現象ですか?

●質問者: htokuda2011
●カテゴリ:コンピュータ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●50ポイント

そもそも program files (x86) というフォルダは 32ビット アプリケーションと互換を保つために 作られたものです。

あと、そのフォルダは ユーザーごとに 管理され、作成したものは 直接、そのフォルダには 入りません。
それを XPとの互換で 見られるようにするというわけです。

http://net-mount.com/1583
http://pasofaq.jp/windows/vista/virtualstore.htm


htokuda2011さんのコメント
なんじゃいそりゃあ! もう何時間もこの問題で費やしました。 32bitより64bitのほうが良さそうで買うとろくなことが起こりませんね。 (買ったのは私でなく友人ですが)

きゃづみぃさんのコメント
http://www.pasonisan.com/customnavi/os/os_32bit64bit.html 64ビットにすると メモリを4GB以上 のせることができます。 対応ソフトを用いれば、膨大な計算処理がやりやすくなったりします。 ま、専門家じゃないと あまり関係ないレベルですが・・・。

2 ● fenstrial
●50ポイント ベストアンサー

Program Files (x86)は32bitアプリケーションを64bitアプリケーションと隔離するために作られた場所です。
これは64bit環境特有のもので、32bitアプリケーションはProgram Filesの代わりにここに入ります。

今回の問題は、64bit環境特有のものではなく、Windows Vista以降のUACを有効にしたWindowsでは、
管理者としてアプリケーションを起動しないと、Program FilesやProgram Files (x86),Windows以下への書き込みができなくなったことが原因です。
書き込みできないエラーを防ぐため、仮想化ということでユーザーのフォルダに書き込まれるためです。

起こりうる環境は、Windows Vista以降のUACが有効なWindows。
起こる原因は、管理者権限として実行されていないアプリケーションがProgram Filesなどに書き込むとき。
(Windows XPより前にはこの実装は一般的でした。XPではこのタイプのアプリは制限付きユーザーでは使えない、ユーザーを分けても効果がないという問題がありました。)

防ぐ方法は、
管理者としてそのアプリを実行する
UACを無効にする
Program Filesに書き込まない
あたりでしょうか。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ