人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最も軽快にWindowsリモートデスクトップが動く仮想マシンのホストOSの組み合わせを教えて下さい。

複数のWindowsXPとWindows7を仮想マシンのゲストとして動かし、
Windows7からリモートデスクトップ(RDP)接続にて利用したいと考えています。

仮想マシンのホストOS(ハイパーバイザ)に何を選ぶ事で、
最も軽快なリモートデスクトップ接続環境を作れますでしょうか?
・VMWare ESiXの上に各仮想マシンを動かす方法
・Hyper-V Server 2008 R2の上に各仮想マシンを動かす方法
・Windows7をホストOSとして用い、VMWarePlayerを用いる動かす方法
・CentOS6 のKVM機能(QEMU)を用いて、各仮想マシンを動かす方法
など、選択肢は色々あると思います。

現在はCentOS5.7にてKVM機能を用いて起ち上げていますが、
動きがとても重たく、これを解消したいと考えています。

ホストマシンはCPU:VT対応のXeon, Mem:16GB, HDD:600GBです。
識者の方、教えて頂けると幸いです。

●質問者: ko-takada
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● taroe
●100ポイント

グラフィック表示が遅いのを何とかしたいという話なら、
どれを選んでも大して変わりません。

RDPの機能に依存します。
仮想化されてますが
扱いは、仮想化されていないマシンと同じですから
ホストOSと関係なく、ゲストOSのRDPにほぼ依存します。


構成がよく分かりませんが、

>Windows7をホストOSとして用い、VMWarePlayerを用いる動かす方法
・Windows7をホストOS
・VMWarePlayerでXP

Windows7の場合は、ホストOSに接続してホストOSのRDPのリモート機能を使用


RDPで、グラフィック(動画とか処理がおもいもの)、音楽を
まともに動作させるには無理。

RDPを使わずに、画面キャプチャー転送系のリモートデスクトップがありますが
そういうの方が体感速度は速いです。ただ、別途ソフトをサーバー、クライアント側両方に入れる必要があります。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ