人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小学校のPTAで廃品を集めて、それを廃品回収業者へ出すことで少額ながら収益を得て、それを子供のための図書購入費などに当てています。この場合、法人税がかかるのではという指摘を受けたのですが、実際そうなのでしょうか?多くのPTAでも行われている活動だと思うのですが、実際にそのような会計処理をしているところがあるかどうか、詳しい方、ご教示いただけると幸いです。

●質問者: yossie0287
●カテゴリ:学習・教育 経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● seble

PTAは人格のなき社団として、事業を行えば法人税がかかります。
http://www.pref.nagasaki.jp/zei-navi/zei-syurui/houjinjigyouzei.html
http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1211417650734/index.html
しかし、事業としての体を成している(継続して行う、事業場などを設ける)のでなければ事業ではなく、税金もかかりません。
http://www.mansion.mlcgi.com/kaikei_1_3.htm
http://www.kfs.go.jp/service/MP/03/0101010000.html
廃品回収も物品販売等に該当すると思いますが、年に数回行う程度なら継続しているとはとても言えないので、納税義務は無いと思います。

消費税の納税義務は1千万円以上だし(支払う?買った時に支払うのは個人でも同じ、納税とは別)、源泉徴収とは人を雇う事ですから、そこまでの規模なら当然に事業と見なされると思います。


yossie0287さんのコメント
ありがとうございました。廃品回収は毎月ペースですが、それによる収益は年間合計にしても1万円ちょっと程度です。ただこれが金額に関係なく支払い義務があり、それに基づき過去の未納分も遡っ て徴収となると、話が大きくなってきます。事業として体を成しているかどうか、でいえばその判断基準がよく分かりにくいのですが、PTAとしてはそれを事業として行って いる意識はありません。ご意見を参考に、PTA関係者と話し合ってみます。

2 ● 林の熊

この場合、公益目的の非営利活動により得られた収入を学校に寄付する訳ですから税金はかかりません。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ