人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人間って自己暗示で病気とか怪我が治ったとかってたまにありますよね?だったら、私はテニス肘ではない、これは筋肉痛だ、すぐ治る、痛いはずがない、と自己暗示を強くかけていれば治っちゃいますかねー?そんなんで治るなら医者はいらない!っていうひともいるとおもいますが、どうか私の質問におつきあいください。

●質問者: もりおかえらりえ
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 紫龍雪花。

病は気からと言います。
自己暗示だけで治る病気(うつ病など)もあるでしょうが、治らない病気(癌など)もありますよ。
治る病気は気持ち次第でどうにか出来ます。治らない病気は気持ちだけを持っても無理です。
怪我については自己暗示だけでは無理でしょうね、気持ちの問題ではないですから。


2 ● 勇者よっしー

テニス肘って「炎症」ですからねぇ。筋肉痛とは明らかに違う痛みのはずです。
若ければ、無理さえしなければ、炎症なんてすぐ治るもんですよ。
つまり「ちゃんと治療する」フェイズを作るかどうか、です。
炎症はどうすれば治るか。どうすれば治りが早いか。アイシングや呼吸法などいろいろあります。
痛みを無視して無理し続けてしまったら、一生テニス出来ない肘になるとか忠告されませんでしたか?
無理はよくないです。
ただ、治療が早くなる方法、再発しない方法はありますので、事実自体はさっさと受け入れて、そういった方法での努力に切り替えるべきではないでしょうか。


もりおかえらりえさんのコメント
治療が早くなる方法、ご存知でしたら教えてくださいo(^▽^)o

勇者よっしーさんのコメント
テニス肘と診断されたお医者さんに聞くのがいいと思いますが。 まず、炎症は冷やす事が重要です。数日は続くでしょう。 その後は温めます。 また、呼吸法も重要です。息を吐く時、体の力が抜ける感覚を知っていますか?知らない場合は、風呂に入ってふーっと息を付く時を思い浮かべます。そんな時に息をふーっとしないのであれば、一度、鍼を受けてみるといいと思います。 とにかくそれで、肘から力を抜いていきます。肘、二の腕、胸など。特に胸の力を抜くのは難しいですが、怪我を治すために頑張って下さい。 また、怪我が治った時のシミュレーションもします。肘の痛みは、心のトラウマになるケースが多いです。痛みが無い時と全く同じ動作ができるかどうか。痛みを予期して腕に余計な力を入れないかどうか。 とまぁいろいろ書きましたが、とりあえず図書館でスポーツの本を読むといいと思いますよ。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ