人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

数学の問題です

問題
△ABCはAB=AC,∠BAC=68°の二等辺三角形である。辺AB上にAD:DB=1:2となるように点Dをとり、点Dを通り、辺ACに平行な直線をひき、辺BCとの交点を点Eとする。また、線分DE上にDF:FE=3:2となるように点Fをとり、点Fを通り、辺ABに平行な直線をひき、辺BCとの交点をCとする。
(1)FG:ACを最も簡単な比で表せ

答え 4:15

△DBE,△FGEは二等辺三角形でAB=AC,DB=DE、FG=FEとなりDE:FE=DB:FG=5:2=10:4
AC:DB=AB:DB=3:2=15:10
と解説に書いてあるのですが
よく分かりません
特に
AC:DB=AB:DB=3:2=15:10
というのが

詳しく教えてくださいm(__)m

●質問者: hattori412
●カテゴリ:コンピュータ 学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● gtore

AC:DB=AB:DB=3:2=15:10

のなかで、
AB:DB=3:2
というのは、
問題文中の、AD:DB=1:2と同じことです。実際に線を書いて点を打ってみればわかります。
また、問題文にAB=ACとありますので、AC:DB=AB:DBがいえます。
3:2=15:10というのは、単に5倍しているだけですね。

なぜ、5倍しているのかは、
DE:FE=DB:FG=5:2=10:4
と比較するためです。

求めたいのは、FG:ACですので、
DB:FG=10:4
AC:DB=15:10
ということから、共通しているDBに着目して、
DB:FG = 10 : 4
AC:DB = 15 :10
ここから、
AC: FG = 15 : 4
となります。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ