人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

同人の「ゲーム制作」で、どのような作品の割合が多いかについて質問をお願いします。

Q1.以下の3パターンの構成比率

・完全にオリジナル作品
・二次創作を許可している作品を題材にした同人作品
・二次創作を許可していない小説、マンガ、アニメ、ゲーム等の作品を題材にした同人作品
(その他、上3つでくくれないパターンがあれば教えて下さい)

Q2.アダルトと非アダルト作品の構成比率(作品数、販売本数、売上?などで分かる項目があれば)

Q3.男性向け、女性向けの構成比率

---
・構成比率は、作品数、売上本数、売上額などについての比率をお願いします。
・特定の範囲(コミケの場合、とらのあなの場合、人気サークルの場合など)に限った情報・印象でも結構です。
・統計などの情報ソースが無い、個人的な見解・印象等で構いません。
・Q1?Q3のどれかだけでも結構です。

よろしくお願いいたします。

●質問者: tomato
●カテゴリ:ゲーム 芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん
●100ポイント

ザックリ概念でお話しするんでもいいでしょうか? という事でボツボツと。

Q1およびQ2 各比率
このあたりは非常に難しいように思えます。例えば、二次創作が許可されている作品と言うものがかなり少ないですし……たとえば初音ミクなどに代表されるボーカロイドなどは基本的に二次創作が許可されていますが、それが成人向けまでOKかというのもあり、その上で考えると果たしてそれは許容されている作品であるのか? という話になってきます。ワンフェスなどで販売されるガレージキットなどは一日版権というシステムが存在しますが、同人誌や同人ゲームなどにはそのシステムはありません。従って、お互いが許容する範囲で限りなくグレーゾーンの中動いている分野であると言う事をご了解ください。
また、売り上げ比等々を考えていくと、これも難しくあります。
総数で言えばやはり許可されていないものの二次創作が多いように思えますが、これらは玉石入り混じりな状況ですし、相対的には完全オリジナル……例えば月姫やFate、ひぐらし、東方など売り上げが大きく、同人の枠を超えて商業ベースに乗っている作品も多くあります。また、18禁同人サークルがアダルトゲームメーカーになるという事もありますねぇ。?デジタルキュートとか。

ですので、このあたりは総数・売り上げ・枚数と言う事を考えていくとドレがドレやら、と言えそうです。

Q3.男女比
圧倒的に男性向けが多い、と考えてよろしいでしょう。その上で、その殆どがアダルト系だと考えて間違いはないと思います。ただし、ひぐらしなどは男女両方にアピールした作品ですし、そのあたりを考えるとやっぱりドレがドレやら、と言わざるを得ない気もします。



同人誌などですと、その主力はやはり女性向けであると考えていいはずなのですが、ゲームとなりますと、PCの保有比など、男性向けが多い気はします。ただ、販売(本当は頒布っていいたいんですけどね)総量が大きい作品は男女どちら向けと言えないものが多く、また、結局はその作品が素晴らしいものであり、たまたま販路(うぅ)が同人流通だったという事になるかと思います。

要は、内容ですねぇ。コミケにおいてもごくひと握りに大手と大多数の趣味的サークルという構図があります通りですね。……もちろん俗に言うピコ手の中にも目を見張る作品を生み出しておられるサークルさんも多いですし、お互い趣味的なものですから一概にトレンドが見い出せるものではないですね。同人誌の流行を考えれば、やはりジャンルの波と言うものはありますし、男の欲望に訴えかけて同行するというのであれば止めやしませんけど、大多数の中に埋もれる事は覚悟していくべきでしょう。


と、こんな感じでよろしいでしょうか?


tomatoさんのコメント
ありがとうございます!こんな感じで完璧です。とても勉強になりました。

2 ● kuromaru646
●100ポイント

Q1.以下の3パターンの構成比率

・完全にオリジナル作品
・二次創作を許可している作品を題材にした同人作品
・二次創作を許可していない小説、マンガ、アニメ、ゲーム等の作品を題材にした同人作品
(その他、上3つでくくれないパターンがあれば教えて下さい)

二次創作を許可しているかなどは余りわかりません。創作者が許可(?)しているので知っているのは東方ぐらいです。

オリジナル1:許可されている二次(東方)2:二次7

くらいではないでしょうか。
ソースがあるわけではなく、同人のゲームソフトを売っているお店での体感です


Q2.アダルトと非アダルト作品の構成比率(作品数、販売本数、売上?などで分かる項目があれば)

アダルト8:全年齢2

ソースがあるわけではなく、お店で見た体感です。


Q3.男性向け、女性向けの構成比率
男性向け5:女性向け3

私は男なのでアダルト作品がこれの対象ではないかと思うのですが、女性向けのゲームコーナーだとBLのものなどはR18かどうか分かりません(興味がないので通り道でも見てなかったみたいです)。
お店でのコーナーの規模での体感です。平置きされているものや棚差しのものなどで総数で言うならば変わるかもしれません。


tomatoさんのコメント
ありがとうございます!とても参考になりました!!

3 ● 蝸牛角上争何事
●100ポイント

コミケのジャンル別のサークル数のデータがこちらのサイトにあります。
http://d.hatena.ne.jp/myrmecoleon/20090811/1250008156

ジャンルの説明はこちらのサイトに記載されております。最新のものではありませんがサークル数のデータに合わせたものを選んでおります。
http://www.comiket.co.jp/info-c/C76/C76genre.html

作品数ではありませんがサークル数と作品数には相関があると思われます。
御参考になりますでしょうか。


4 ● ZABIERU
●100ポイント

個人的に
二次創作を許可している作品を題材にした同人作品
が多いと思いますね


5 ● sourixyuujinn
●100ポイント

作品を題材にした同人作品が、3:7くらいでしょうか?
私は許可をしているとかはあまりわからないので…

男性向け、女性向けの構成比率では、私的には5:5くらいだと思いました。
どちらも、同じくらいのソフトは置いてありましたので…
ただ、場所やお店によって6:4くらいかな?と思いました。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ