人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

シェアハウスの増加や最近の傾向についての調査結果やレポートなどがネット上であれば教えてください。

●質問者: れいこん
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
ベストアンサー

『震災を乗り越えた不動産市場、「絆」求めて人気のシェアハウス』
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nfm/column/20120216/558136/

シェアハウスが成功するポイントの一つは「企画」という付加価値です。
居住者のつながりを促す「企画」の良し悪しが成功の鍵となります。


http://www.sekisuiheim.com/info/press/20110920.html (一番下)

最近若年層を中心にシェアハウスが人気を集めていますが、これも「つながり願望」といえるでしょう。家族、人と人、人と地域の関係に今、新しい風が吹き始めたと感じています。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120228-00000031-zdn_mkt-ind

なぜ近年になって急激にシェアハウスの人気が増しているのか。シェアハウスのサービスや設備などを調べると、誰もが納得の「贅沢な暮らし」が見えてきた。

まず、注目すべきは入居者間のイベントである。例えば、入居者が「忘年会」や「寄せ鍋パーティー」といった交流イベントを企画するケースが多い。また管理会社側が「コックを招いての食事会」「料理教室」「ヨガレッスン」「農業体験」といったイベントを企画する物件も増えている。

近年のシェアハウスは「居住空間」だけではなく、「暮らし」や「趣味」「体験」といったソフト価値をシェアする形態へと変化しているようだ。

コスト面での傾向として「家賃が安い」から「豪華な暮らし」をウリにした物件が増えている。「シェアアパート」と呼ばれる形態は、一言で表すとシェアハウスのハイグレード版で、「そこそこ」の家賃で贅沢な暮らしを手に入れることができる形態だ。

また都内の高級マンションのような贅沢な施設を備えているところも少なくない。例えば「フィットネスジム」「美しい眺望を堪能できる屋上デッキ」「バーラウンジ」「シアタールーム」「アトリエ」「音響設備」「ビリヤード」「ダーツマシン」などだ。



『社会学者・宮台真司と「トーキョーよるヒルズ」高木新平の シェアハウスの未来を語る』
【前篇】
http://diamond.jp/articles/-/16723

【後篇】
http://diamond.jp/articles/-/17013


れいこんさんのコメント
ありがとうございました。とても参考になる&面白いレポートや情報があり、助かりました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ