人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

政策金利と長期金利の違いがよくわかりません。政策金利は中央銀行が普通銀行に貸し出す金利、長期金利は国債の金利ということで、住宅ローンや銀行の金利の指標になるとのことですが、先ごろオーストラリアの政策金利が4.25から3.75に下がり、そのことで"住宅ローンで$300,000を借りている家庭は、月に$96、年間に$1,152の銀行支払い分が削減できた"
とありました。(政策金利も住宅ローンに関係するということ??)両者に違いを具体的に関わる事象を交えて、ご教授お願いします。


●質問者: popparty0626
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●50ポイント ベストアンサー

政策金利も住宅ローンに関係するということ??
政策金利は短期金利とも言います。
基本的に、住宅ローンの変動型は短期金利によって左右されます。
固定ローンの場合は、長期金利に左右されます。
海外では、変動型が多いのでしょうかね。


2 ● トライ
●50ポイント

http://www.findai.com/yogow/w00937.htm
http://www.fxprime.com/excite/bn_ykk/ykk_bn03.html
参考にしてくださいw

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ