人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

製造原価の加工費の算出方法で悩んでいます。
下記の月費用が経理から提出されています。
A.総労働時間
B.賃率(労務費等 時間あたり)
C.管理費(建物修繕・償却・光熱費等)
D.機械償却費
作業内容は下記の通り手加工、機械工程で一つの作業で複数工程があります。
F作業 1工程 手加工+2工程 機械+3工程 手加工
G作業 1工程 機械+2工程 手加工
そこで私の考えた算出方法は、
(1) 総労働時間×B.賃率
(2) 工程ごとに【B.賃率÷1時間あたりの工程作業数】で1個あたりの金額を算出。
(3) F?G作業ごとに(2)をプラスし、作業別金額を算出。
(4) (3)×月の作業出来高
(5) (1)から(4)をマイナス
(6) 【(5)で算出した金額+C.管理費】を機械・手加工の月生産数割合で按分する。
(機械:0.75 手加工:0.25 ※機械工程の出来高が多い)
(7) (6)で算出した機械金額にD.機械償却費をプラス。
(8) 【月の作業出来高×機械・手加工別の工程数】を(6)で割って、商品1個あたりの間接費とする。この計算方法は適正でしょうか?
迷っている部分として、
(2)の工程ごとの作業数は平均or最大値or最小値どちらがでしょうか?
あと、(6)の機械・手加工の按分は出来高割合でよいでしょうか?
なお、資材費は加味します。


●質問者: joho962002
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●200ポイント

>2)の工程ごとの作業数は平均or最大値or最小値どちらがでしょうか?
この方法で計算するなら、平均です。
最大値ですと、原価が過大評価されて税務上の問題がありますし、最小値ですと過小評価で実際より計算上の利益が多く出てしまうことになります。


>あと、(6)の機械・手加工の按分は出来高割合でよいでしょうか?
按分の根拠があるので、それが良いと思います。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ