人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

スペインのマイナス金利について何がおきているのか教えてください。

●質問者: surippa20
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● tekutekucherry
●50ポイント

「金利」には中央銀行の操作する金利と国債の金利があるのですが、まず前者から。

通常、金利は借り手が元金に対していくらか支払うというものです。金利が高い場合は景気が過熱しすぎているので、借りるのをやめておこうと思わせようとしているわけですし、低い場合は景気が悪いので、借りてもいいかなと思わせようとしているのです。ゼロ金利は景気がとても悪いので、借りようとさせているわけです。
マイナス金利というのは、借り手がいないので、普段とは違って、貸し手が元金に対していくらか借り手に支払うわけです。つまり、マイナス金利ということは景気が非常に悪いのですね。借りたら利息がつくなら借りるだろう。そうすれば、消費するだろう、企業の業績も上がるだろう、というわけです。

国債の金利がマイナスということは、その国の国債をみんながほしがっていている状況なのです。国債を持っていても目減りしちゃうのですから。

ところで、「スペインのマイナス金利」というのはどこにソースがあるのですか?現在、スペイン経済は悪いと聞いていますが、マイナス金利を導入するとまでは見つけられませんでした。スペイン国債の利回りは10年もので6%を超えています。


surippa20さんのコメント
ご回答ありがとうございました。http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT814593420120601 この記事だったと思います。宜しくお願いいたします。

JULYさんのコメント
その記事にあるのはドイツ連邦債2年物利回りが一時、マイナスになったというもので、スペインではないですね。

tekutekucherryさんのコメント
遅くなりました。 「独2年債利回りが一時マイナス、スペイン利回りは高止まり」なので、上にもフォローしていただいているように、ドイツの2年もの連邦債の利回りが一時マイナスになった、ということです。国債ですね。ドイツの国債は大人気なのです。けれど、スペイン国債の利回りは高いまま、つまり多くの人は欲しくないと思っているわけです。

surippa20さんのコメント
よく分かりましたありがとうございました。

2 ● JULY
●50ポイント

さくらさんの回答にも、国債の利回りの話が出ていますが、ちょっと補足を。

国債利回り?いま聞きたいQ&A
上記ページにに、国債の価格と利回りの関係に関する説明があります。

この説明の後半に、

支払われる国債の利子は「券面の金額(額面)×券面の利率(表面利率)」で固定されています。

と書かれているのがポイントだと思います。

国債自体の額面の金額と利率は決まっているんだけど、その国債をマーケットで売買すると、人気のある国債は額面より高値で取引されます。逆に、「大丈夫か?」と思われる国債は安値になります。

例えば、額面 100 万円で、金利 2% の国債を、その額面で購入できれば、満期には 2% の利子が上乗せられた、102 万円が返ってくることになりますが、同じ国債を 101 万円で購入しても、返ってくる金額は 102 万円、という事には変わりはないので、実質的な利回りは、

102 万円(返ってくる金額) - 101 万円(購入金額)= 1 万円(実質的な利子)
1 万円 ÷ 101 万円 = 0.99%

となります。

もし、マーケットでの国債の価格が 102 万円になれば、利回りは 0% になります。

今回は、ドイツ連邦債の2年物の人気が高くなって、上記の例で言えば、102 万円を超える値が付いた、という事になります。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ