人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【法律】個人間の金銭の貸し借りにおける借用書で「いつまでに返す」とか「月にいくらづつ返す」という文面がなかった場合、期限がないわけですから、ずっと返さなくてもいいということになってしまうのでしょうか?


●質問者: Gleam
●カテゴリ:経済・金融・保険 人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●198ポイント ベストアンサー

期限が記載されていない借用書における法的解釈は貸主の都合の良いときが支払日です。

たとえば貸主がいきなり、『明日の夜明けまでに返せ』と言うと、それが有効な支払日となってしまいます。期限を定めなければ貸主の都合が優先されるとういことです。

http://www.ypp.info/cresarabank/01_syakuyousyo/102.htm


Gleamさんのコメント
回答ありがとうございます。 参考になりました。

2 ● 裕也
●2ポイント

そういったものは自分の返したい時にでも返したほうがいいと思います。
相手も何も言わずに、何も書いていないのでしたらそれでいいと思います。
ただ、そのままずっと返さないのは他人の物を盗むと同じ事なので、かなり月日が立っていても借りたものは返したほうがいいというか・・・


suppady様がおっしゃっていることのほうがただしいかもです><

イミフな回答すみません

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ