人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

このハテナの正当防衛の質問に関してとても気になるのですが、誰かお答えください。
http://q.hatena.ne.jp/1139860102

この質問の解答に「正当防衛など考えられない」「殺さなくとも回避できる方法があると考えられることが多いでしょう。自分が殺されそうになったからといっても、相手に致命傷を負わす必要はないでしょうし、もしそうなったとしてもすぐ救急措置をとって何とかするような行動をとり、それ以外の方法がどうしてもありえないような状況など、まずないでしょう。」
「武道家のように相手を殺さない精神」

というような解答があるのですが、私には納得できないんですね。
別に相手を死なす(殺す)のに必ずしも殺意はいらないと思うのです。
相手に殺されそうになって、必死になって揉みあって抵抗した結果、相手が頭を固いとこにぶつけて死んだとか
「誤殺」という事態はあるでしょうし、その場合は救急車を呼んでも相手を助けるのは無理だと思います。

この質問は解答ややり取りは基本的になあまりにも正当防衛に関して辛辣すぎて、受け入れられない感じがしますし、非現実的な気がします。

●質問者: baoool
●カテゴリ:政治・社会 医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● パパトモ
ベストアンサー

物騒な話ですが、人を殺すのに殺意は関係ありません。広義では自殺も「人を殺す」行為ですし事故も含まれます。殺意が問われるのは、法的に処罰を考えなければならないときです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E7%BD%AA


パパトモさんのコメント
戦争も死刑も「人を殺す」行為ですね。

baooolさんのコメント
そうですね。「戦争」「死刑執行」「正当防衛」では日本では人を殺すことは認められてます。 警官による犯人射殺も日本では戦後三件だけですがあります。 三菱銀行人質事件、瀬戸内シージャック事件、長崎バスジャック事件です。 これも「正当防衛」と「正当行為」で処理されてます。 人質の体力が限界で「こうするしかなかった」といわれてますね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ