人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「起承転結」を良くわかっていない人に
「こういう文章が起承転結と言うんだよ」と説明するのに
ピッタリの文章を教えてください。

自分で書いて頂いても構いませんし、
どこかのブログの「この記事」と指定しても構いません。

ただし、どちらも500文字程度に収まる文章でお願いします。

●質問者: worldtravel
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● 松永英明@ことのは

(起)「起承転結」とは何でしょうか。文章を書くときに、「書き出し:話題の提示」「それに続く内容で膨らませる」「ちょっと見方を変えて流れを変える」「それも含めてきちんとまとめて結論づける」という流れで書くとまとまりやすいという「文章の型」です。
(承)もともとは中国の漢詩での作法でした。それが日本に伝わり、詩だけでなく作文などにも応用して使われるようになったのです。ちなみに、中国では「起承転合」と言います。
(転)しかし、「起承転結」は必ずしも絶対的な方法ではありません。必ずこの四段階で書かなければならないということはなく、「序破急」という三部構成もあれば、「結論から書く」方法が望ましい場合もあります。
(結)どの「文章の型」を使うにしても、いちばん大事なのは、書きたいことをわかりやすい流れでまとめることといえるでしょう。そのためには、いろいろな文章の型を知っておく必要があります。


worldtravelさんのコメント
ありがとうございます。実際の文章を教えて下さい。

松永英明@ことのはさんのコメント
この文章自体、起承転結の型で書いてみたものだったんですけどね……

worldtravelさんのコメント
すみませんでした。ありがとうございます。

2 ● たけじん

wikipediaにも載ってるからいまさらですが、
『糸屋の娘』
起: 「京の三条の」糸屋の娘
承: 姉は十六妹十四
転: 諸国大名 (諸国諸大名) は弓矢 (刀) で殺す (斬るが)
結: 糸屋の娘は目 (眼) で殺す
これ、端的に表していると思います。
特に転の部分。一回、全然違う視点を持ってくるけど、結で納得する構造です。


worldtravelさんのコメント
ありがとうございます。こういった短くてわかりやすい文章を教えて下さい。

3 ● gtore

◇どんぐりころころ

どんぐりころころ ドンブリコ
お池にはまって さあ大変
どじょうが出て来て 今日は
坊ちゃん一緒に 遊びましょう

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%90%E3%82%8A%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%93%E3%82%8D#.E6.AD.8C.E8.A9.9E.E3.81.A8.E6.A5.BD.E6.9B.B2

上の歌詞の1行目が「起」、2行目が「承」、3行目が「転」、4行目が「結」となっています。どんぐりが転がっていて、物語が始まるというのが「起」。転がっていたら池にはまったという、単純に1行目を受けた形の「承」。どじょうが出てきて、物語が新しい展開を迎える「転」。どのように物語が落ち着くのか、この時点では想像できません。一緒に遊ぶという結論に落ち着くのが「結」となっています。


worldtravelさんのコメント
ありがとうございます。この歌もそうだったのですね。

4 ● gtore

自分で作りました。^^;

私は、毎朝散歩をしている。何年もまえからそれが日課になっている。
散歩というのは、もっとも手軽にできる運動である。だから、私は散歩がやめられない。
ただ、いつも避けてしまう交差点がある。あの交差点だけはどうしても通りたくないのである。
なぜならそこは……、私が昨年、散歩の途中で事故死した交差点だからである。

http://q.hatena.ne.jp/1292854692/277719/#i277720

worldtravelさんのコメント
^^; ありがとうございます。

5 ● adlib


起句承句転句結句 ? あさ起きて、承けて転じて、結ばれる。?

けさ目ざめると、すぐに彼女のことを想い起こした。(起想)
ゆうべの話を、承知してくれるかな?(承前)
いそいで自転車に乗って出かける。(転換)
ようやく彼女は、結婚を約束してくれた。(結果)

── 三行革命のすすめ ? わたしの実践作法 ?
http://adlib.hatenablog.com/entries/2012/06/10
起承転結入門 ? わたしの過去回答より ?


worldtravelさんのコメント
ありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ