人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

肩が上がらなくて困っています。

30歳男性です。
両肩を水平にしてから上へ上げることは出来るのですが
腕を下げた状態で水平まで持っていくことが辛いです。
45度くらいで痛みが感じられます。
筋が痛むのかもしれません。
原因や改善方法やストレッチ
または通ったほうが良い整体、整骨など病院の種類があれば教えて下さい。


●質問者: hatekazu0909
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● パパトモ
●15ポイント

五十肩(四十肩)なら経験があります(苦笑)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%8D%81%E8%82%A9

五十肩ならストレッチをしていれば治癒しますが、30代で痛むなら他の原因かもしれないので一度医者に見てもらった方が良いと思います。


hatekazu0909さんのコメント
そうなんですよね、四十肩、五十肩を疑ったのですが 検査方法だと横に水平にした腕が上がらないのに 私は上がるのです。 逆に気をつけをした状態から横に水平にした状態へ持っていくのが辛いんです。 どの病院に行ったら良いのでしょうかね・・・・

パパトモさんのコメント
整形外科で良いと思います

パパトモさんのコメント
一発で診断を済ますなら、総合病院に行った方が良いかもしれませんね。予約無しで直接初診受付に行けば紹介状無しでも見てくれます。初診料が2〜5千円前後しますが、その価値はあるかもしれません。 お大事に。

2 ● miharaseihyou
●15ポイント

おおよその見当は付きます。
あなたの症状だと将来は五十肩になる可能性が高い。
痛みが強くあれば按摩や鍼がお勧めですが、相当に腕のいい人でもあなたの手助けはできても根本的な解決にはなりません。
基本は自助努力です。

大きな鏡があれば自分でもチェックできます。
鏡の正面で正座するか真っ直ぐ立つかして、顎を引き背筋を伸ばしてみて下さい。
おそらくキレイな姿勢が取れないと思われます。
背中が丸くなる、所謂「猫背」ではありませんか?
しかも、それほど太っていないのにお腹が出っ張る。

そうなる原因も分かっています。
背筋と腹筋、と言うよりも全身の筋肉ですが、相当に縮んでいると思われます。
筋肉は使えば使うほど太く短くなり、骨格を歪めるほどに縮みます。
関節に負荷がかかるので痛みが出る事もある。
まだ関節部の癒着までには至っていないと思いますが、肩だけではなく腰にも違和感があると思います。

太く短くなった筋肉を伸ばしてやるのはストレッチですが、正直言って即効性がありません。
そこで、とりあえずの対策としてはバックストレッチャーをお勧めします。

バック ストレッチャーDX 背骨を矯正

バック ストレッチャーDX 背骨を矯正


この手の商品は似たようなものですが、使い方にこつがあります。
「毎日」「気持ちの良い範囲で」「時間をかけて丁寧に」伸ばしてやる事です。
バックストレッチャーの上に横になって、顎を引いて、腕を組む、ゆっくりと腕を伸ばす、などしてみてください。
呼吸は自然呼吸。
自分の筋肉を意識しながらのんびりと伸ばします。

筋肉は強く伸ばそうと力をかけると反対方向に縮む性質があります。
伸ばす時には意識して力を抜いて無理のない範囲で伸ばしてやる必要があります。
背中だけでなく、首の前、首の後や頭の後、耳の下(咬筋といって顎の筋肉です)腋や剣引き、腕や手の平や指の先まで意識して、ゆるゆると伸ばしてやって下さい。


----------------------------------------------------------------

本格的なストレッチは全身になります。
文字通り、頭の先から足の先まで、全ての筋肉を意識しながら、自分自身の身体と対話しながら、時間をかけてストレッチします。
個人個人、その日の状態でも筋肉は変化するので、意識して無理のないやり方で、少しずつ回り道しながら伸ばしてやる事になります。

普通は開脚前屈などが必須になる。
一つのポーズに30秒はかけるべきでしょう。
勢いよく反動をつけて伸ばすのは危険です。
伸ばせるところまで伸ばして、そこでそのまま我慢する事になります。
そのうちゆっくりと少しだけ伸びたのが分かる。
次の日には縮んでるんですけどね。
そういった繰り返しで、すこしずつ伸ばします。

教科書をご紹介しておきます。
ぜひ勉強して実行される事をお勧めします。

もっと伸びる!ストレッチング―からだの硬い人にも柔らかい人にも対応! (からだ読本)

もっと伸びる!ストレッチング―からだの硬い人にも柔らかい人にも対応! (からだ読本)


3 ● 楽1978
●14ポイント

質問の症状と似ていることを書いているサイトを探してみました。
五十肩以外に考えられる病気は腱板断裂などです。

腱板断裂と五十肩の見分け方
http://yakuzaic.main.jp/archives/4684
http://plaza.rakuten.co.jp/aorinngo/diary/200806300000/

また、肩腱板損傷なら整形外科のMRI撮影による画像診断で可能です。
http://www.egaodego.com/kaik2/2010/02/post_50.html
http://www.karada110.com/kenban.html


hatekazu0909さんのコメント
ありがとうございます。 そうなんですよね。 なんか四十肩とは違うのでは・・・と自分でも疑っていました。 実際は違うかもしれませんがとりあえず疑って見る価値はありそうですね。

4 ● みしか
●14ポイント

四十肩であれば、最近はリハビリよりもヒアルロン酸の注射をしてもらうとたちまち改善します。三回くらい注射してもらえば終わるのじゃないでしょうか。リハビリに通うと、3ヶ月くらい続いたりします。


5 ● koutarou
●14ポイント

>肩の痛み、直したい。
まず、総合病院の内科、整形外科で、痛みの原因を調べてもらい、CT、レントゲンで骨にも異常がない。
原因不明といわれた場合には、疼痛治療を受けてみてはどうでしょうか。
どれくらいの痛みなのか。ペインスケールで、客観的な疼痛評価を行い、痛みをコントロールすることができると思います。
総合病院やリハビリ施設をもった整形外科は、疼痛治療の診療科(ペインクリニック科、麻酔・疼痛緩和科など)を併設しているところが多いです。通院するさいに、ペインクリニックがあるか、確認していくといいかもしれません。

そして、医師に見てもらうときのポイントは、痛みが出ている時に行くのがベストです。「忙しい仕事が終わった。いまは痛みがないけど、医師に見てもらおう。」という感じで行くと、「痛みが出たときに直ぐに来てもらわないと、分からない。痛みがもぐってしまうからね」と言われかねません。

(1)初めてのペインクリニック(富永喜代さん)
(2)痛みの原因・痛み治療
以下、参考になりそうな項目をピックアップしてみました。(神経ブロック注射は、即効性があって驚くほどききますね。)
痛みのメカニズム・痛み止めの仕組み
慢性痛治療薬の種類、作用、副作用
患者さんの痛みを評価するペインスケール
慢性疼痛治療薬最前線
レントゲンでは原因不明?! X線には写らない痛み
(神経ブロック注射の作用・効果・副作用)
(3)疼痛.jp
(4)全国ペインクリニック検索

痛みから解放されるといいですね。
参考になれば幸いです。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ