人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

魚屋さんによくぶらさがっているこの大きなガラス玉はどういう意味なんですか?なんのためにぶらさがっているのですか?

1340539165
●拡大する


●質問者: もりおかえらりえ
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● gtore
ベストアンサー

ビン玉というようです。昔は、魚屋で光って、店の魚を狙う鳥除けのためのものでしたが、現在は、特別な意味のない飾り物のようですね。


魚屋の店先で、青味がかったガラス玉が、網に包まれて天井からぶら下がってい
るのを見かけたことはないだろうか。
売り買いのときに役立っているわけでなし、商売繁盛のお守りというわけでもなし。
ただ、そこにぶら下がっているとしか言えないもの。

あのガラス玉には、「ビン玉」という名称がある。はえなわ漁などで、縄や網を海に
投じた際、浮きの役目としてつけられるものである。英語ではglass floatと呼ばれて
いる。海上で、日光を反射してキラキラと目立つように、ガラスで作られている。
それが転用されて、魚屋では光ることで、店先の魚を狙う鳥除けにされていた。今
では、そういう意味も薄れて、飾り物となっている感がある。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~pedantry/pedantry/kyuutai.htm

もりおかえらりえさんのコメント
そうだったんだ!!! 勉強になりました(^O^) ありがとうございます。

2 ● MEI-ZA-YU

店先の魚を狙うカラス除けにされていたようです。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pedantry/pedantry/kyuutai.htm

店先の球体

魚屋の店先で、青味がかったガラス玉が、網に包まれて天井からぶら下がってい
るのを見かけたことはないだろうか。
売り買いのときに役立っているわけでなし、商売繁盛のお守りというわけでもなし。
ただ、そこにぶら下がっているとしか言えないもの。

あのガラス玉には、「ビン玉」という名称がある。はえなわ漁などで、縄や網を海に
投じた際、浮きの役目としてつけられるものである。英語ではglass floatと呼ばれて
いる。海上で、日光を反射してキラキラと目立つように、ガラスで作られている。
それが転用されて、魚屋では光ることで、店先の魚を狙う鳥除けにされていた。今
では、そういう意味も薄れて、飾り物となっている感がある。


MEI-ZA-YUさんのコメント
かぶってしまいました。すみません。

もりおかえらりえさんのコメント
いえ!調べてくれてありがとうございました!

MEI-ZA-YUさんのコメント
http://www.jf6yje.com/~salaku/weblog/index.php?itemid=887 昔は瓶といえばガラスだったので「瓶玉」と言ったのでしょう。 http://noumilodge.blog6.fc2.com/blog-entry-48.html

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ