人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ロンドンオリンピックの参加国数は、
153カ国、もしくは204の国と地域
となっています。
こんなに差がつくのはどうしてでしょう。
1カ国を複数の地域にカウントするからでしょうか?
公式にはどちらの数字を使うのがよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

●質問者: aminakaji
●カテゴリ:趣味・スポーツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● gtore
ベストアンサー

204の国と地域から、それぞれの国内オリンピック委員会 (NOC) による選考を通過した選手が出場を予定している。以下は、少なくとも1名以上の選手を今大会に出場させることを決定したNOCの一覧である。2012年4月時点で、153か国が参加を予定している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF_%282012%E5%B9%B4%29

オリンピックを主催する国際オリンピック委員会 (IOC) は、ぞれぞれの国を相手にオリンピックをとり行うのではなく、国内オリンピック委員会 (NOC) を相手にして行います。2012年現在、NOCは全部で 204 あります。
このNOCは、歴史的な事情などから、1つの国に複数存在することがあります。
これが理由で、全世界の国の数 195 (2012年) よりも多くなっているのです。
最大で204のNOCが、オリンピックに出場できるわけですが、出場しないというNOCも出てくるでしょう。
それで、今年4月の時点で153か国が出場を決めているということです。なので、まだ増えて最終的には200くらいになることと思います。
ちなみに、参加国・地域数は、北京五輪で204、アテネ五輪で201です。


sibazyunさんのコメント
gtoreさんがウィキペディアで「国内オリンピック委員会」の記事をみたとき、「ロンドンオリンピック2012」での国・地域数204で一致していてよかったですね。数時間まえまで、2008年の数値205だけだったのを、2012年の数値を加えて、ウィキペディアを編集しておいたのが間に合ったようです。

gtoreさんのコメント
そうなんですか。 一応、こちら http://www.joc.or.jp/olympic/code/ も確認してはいたんですけど、これは2007年7月現在のものだったので、Wikipediaのデータを採用した次第です。^^;

sibazyunさんのコメント
ええ、JOCサイトでは心もとないので、出典として、下記を採用しました。 http://www.olympic.org/national-olympic-committees?resultspageipp=57&resultspage=3 このこともあって、質問者の最初の質問に、JOCで国数を調べられない旨を 付記しておきました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ