人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ドライアイスにお湯をかけると白いものが出てきます。
お湯のかけたドライアイスにスプーンをくっつけるとなぜ音が出ますか?


●質問者: みみくも
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん

http://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/1480.html
引用サイトはちょっと子ども向け過ぎるかもしれませんが……。

ドライアイスから立ち上る白いもの、それは『水』です。ドライアイスはご存知のように常温(室温)では気体である二酸化炭素を凍らせたもの(固体)ですが、これは通常では凍らず、高い圧力をかけて無理やり凍らせているので、ドライアイスが溶けると気体の二酸化炭素になってしまいます。(この現象を『昇華』といいます)
その際、空気中の水分(気体)を凍らせたり液体にしたりしてしまい、それが『湯気』のように見えるという現象を引き起こします。
ドライアイスは普通にその辺に置いておいても白いものを纏いますが、お湯、つまり温めてやるとその『昇華』するスピードが激しくなってブクブクと白いものを生み出してくる訳です。そしてその上にスプーンをおくと、激しく溶け出す二酸化炭素によってスプーンが持ち上げられるのですが、重さを支えられずスプーンはドライアイスの表面に落ち、そのためスプーンがカタカタ鳴る、という現象を引き起こします。
このあたりは……そうですね、沸騰しているお鍋の蓋がカタカタ鳴っているのと同じですね。あれは水蒸気?湯気がお鍋の蓋を持ち上げては落としている、という状況です。


みみくもさんのコメント
わぉ!!!すごい回答とても役に立ちました。 もしかして、科学者?大学のりかの教授?
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ