人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

女性が男性宅に急に泊まることになってYシャツが貸し出されるシチュエーションについて、気になっています。

ドラマや小説などで「女性が男性の家に泊まることになった際に、パジャマとしてYシャツが貸し出される」というイメージがベタなものとしてあります。

もし自分が泊まりにいったときにYシャツを出されたら、普通に寝苦しいと思うし、Tシャツなり何なりもっと適切なものがあるのでは、と思いそうです。

「男のロマン」「絵的にTシャツよりYシャツの方が演出性が高い」などの理由は想像できますが、Yシャツパジャマの元ネタや由来はいったいどこからなのでしょうか。

●質問者: ミネコ
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● meefla
ベストアンサー

これが定番になった理由としては、オードリー・ヘプバーンの映画『ティファニーで朝食を』(1961年・昭和36年)が挙げられるでしょう。

何よりもオシャレなのは、男物のカッターシャツをパジャマ代わりに着ていたオードリー。この作品以降女性が全裸に男物のカッターシャツを着るのが流行した。

ティファニーで朝食を ?SummaArs 藝術大全

ヘプバーンがシャツを着ている画像は、映画『ティファニーで朝食を』|Pink Flirt (ピンクフラート)★BLOG にいくつかあります。

『ティファニーで朝食を』を見て、「自分の彼女にもこういうスタイルをして欲しい」と思った男子も多い事でしょう。
おっしゃるようにTシャツの方が適切ですので、差し出されたYシャツを受け入れるかどうかは女性の判断次第ですが。

お役に立てることを祈りつつ。


ミネコさんのコメント
たしかに「ティファニーで朝食を」でシャツを着ていたように思います! 女性のパジャマ代わりのシャツ着用の元はオードリーなのですね。 これまでのパジャマシャツのイメージは何だか野暮ったい印象でしたが、教えていただいたページを参照すると、私もYシャツ一枚をさらりと着て様になる女性になりたいと思いました。 どうもありがとうございます!!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ