人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ワーキングホリデーの実態について定量的・統計的に説明されている情報源(Webサイト、書籍など)を教えてください。例えばワーキングホリデーに行っている人たちの属性に付いて、平成22年度は男性が何割で女性が何割だとかいった情報が知りたいです。ワーキングホリデーがいいとかわるいとかいう情報は必要ないです。

●質問者: kent013
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● amai_melon
●100ポイント

http://allabout.co.jp/gm/gc/58455/


kent013さんのコメント
ありがとうございます.

2 ● ciro01
●100ポイント

男21パーセントに対し女79パーセントのデータ


kent013さんのコメント
ありがとうございます.

3 ● kitiko
●100ポイント

外国(特にカナダ)へのワーキングホリデーの統計データです。
http://workingholiday-net.com/WhatsNew/weblog/article,20101008280.html

カナダに限らず、ワーキングホリデー(ワーホリ)の受給者は減少傾向で、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、フランス、ドイツ、イギリス、韓国、などの全ての合計で18,806人(2009年度)となり、前年比20,800人から約2割減となっています。この傾向は近年の留学人口減少と伴って今後も続くと考えられていて、2010年度はそれ以下の結果になると予想されています。
ちなみにこれまでのワーキングホリデービザ全体の発給数は、2006年度20,652人、2007年度20,941人、2008年度20,868人と2万人代を維持していました。



こちらはオーストラリアの留学統計
http://www.dktokyo.com/seikatu_toukei.shtml

ワーキングホリデーに人気のオーストラリア・カナダは 、諸外国と比較して殺人事件が少ないものの強盗・強姦の件数は日本と比較して桁違いに多いです。こちらシドニーでも、特に置き引きや引ったくりの話は非常 によく耳にします。どこの国に住むにしても海外で生活する際は安全であると過信をしないで、できるだけ事件に巻き込まれないように普段から細心の注意を 払って 行動することが必要ということです。


4 ● bnvnb
●100ポイント

日本人渡航者が一番多い、オーストラリアワーホリですが、年間のビザ
受給数は減少傾向にあり、2009年度は8,605人(セカンドビザも含)と
前年比で約2割減となっています。2008年度は10,234人。
(日本ワーキングホリデー協会からの情報提供)

http://melma.com/backnumber_12469_4898296/


5 ● bnvnb
●100ポイント

http://www.dzgo.jp/wh_date.html
データでみるワーホリ

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ