人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「好き」の反対語は「嫌い」

「闇」の反対語は「光」ですよね・・・

「愛」の反対語を考えていたんですが、わかりません

だれか、言葉に詳しい方 教えてください

よろしくお願いします。

●質問者: nicolas2012
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● sibazyun

「憎しみ」がそれにあたるでしょう。
「愛する」なら「憎む」


2 ● きゃづみぃ

悪ですね。

ま、実際は 反対語は ないんですが
無理矢理 当てはめるとしたらです。


3 ● jr2win

「愛」とは、「すべての存在を許す」事ですから、「虚無」が反対語になると考えます。


4 ● らイ蚕酔ギん

何かを憎むとき、少なくとも関心はもっています
悪の中にも愛はあるかもしれません
虚無を愛す人も(もしかしたら虚無である状態やそこにたどり着く過程を愛しているのかもしれませんが)いるわけです


なんだろう、、、「無関心」かなあ、、、?

でも、、、なんか違う気がします、、、


5 ● ShinRai
ベストアンサー

無関心です。

たしかエリー・ヴィーゼルが、そのようなことを言っていました。

http://goingb.exblog.jp/13095561/

「今日我々は知っている。
愛の反対は憎しみではない。
無関心である。

信頼の反対は傲慢ではない。
無関心である。

文化の反対は無知ではない。
無関心である。

芸術の反対は醜さではない。
無関心である。

平和の反対は、平和と戦争に対する無関心である。
無関心が悪なのである。

無関心は精神の牢獄であり、我々の魂の辱めなのだ」
by エリ・ヴィーゼル


ShinRaiさんのコメント
無関心は、indifference ですね たしか1986年5月に、フランスの日刊紙リベラシオンが、作家と詩人を集めて、記事を書いてもらったときに、ヴィーゼルが" Veilleur ou on est la nuitというタイトルで記事を寄せたのでした。 でも、その「夜警よ、夜はいずこに?」(Veilleur, ou on est la nuit?)は、ヴィーゼルが1967年にアレクサンドル・ドナの著作のまえがきに書いた言葉のようです。 Elie Wiesel est ?galement l'auteur de nombreuses pr?faces, postfaces, avant-propos (liste non exhaustive) : Veilleur, o? en est la nuit ? (Alexandre Donat - 1967). http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317214758 http://www.meigennavi.net/word/014/014785.htm

ShinRaiさんのコメント
http://fr.wikipedia.org/wiki/Elie_Wiesel

1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ