人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世界の小学校で教えている、地図がどんなものなのか教えて下さい。
(ヨーロッパ、アメリカで普通の地図とは、どんな地図ですが、その他の国も教えて下さい)

●質問者: surippa20
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● gtore
●50ポイント

http://tabunkakukan.blog136.fc2.com/blog-entry-7.html
こちらにまとめられています。
日本では日本が中心なのは当たり前ですが、これは、中国、韓国でもほぼ変わりません。中国中心、韓国中心ということでしょうね。
アメリカ、スペイン、ポルトガル、イギリスもフランスも、イスラエルでも、アフリカでも、ヨーロッパが中心です。アメリカで、ヨーロッパ中心、というのがちょっと意外ですね。アメリカ中心の地図も、ないわけではないようですが、ユーラシア大陸が2つに分かれてしまって見にくいですね。
そして、けっこう知られているのが、オーストラリアの逆さ地図。日本で通常見られるものとは上下が逆さまになっています。

それぞれの国で一般的な地図が、小学校の授業でも使われているものと思われます。たとえば、こちらはドイツの小学校の場合です。

追記:

世界各国の世界地図
日本で日常的に用いられる世界地図は日本の国土が北半球に位置することから地図の上辺方向を北にしたものが多く、日本の位置は地図のほぼ中央に記されていることが多い。
英国のグリニッジ天文台を経度0としていることからヨーロッパでは経度0を地図の中央に配置している。
米大陸でも大西洋を中心とする地図が多く用いられる。
南半球の国(オーストラリアなど)では地図の上辺を南(つまり上下が逆転した世界地図)にしているものがある[1]。
イスラーム世界の地図では、四方のうち南を正面と考えることに起因して南を上にしているものが多かった。
仏教世界では西方浄土の考えから西が上になっているものが多い、また、日本の古地図行基図等では上辺方向は、まちまちである。
多くの世界地図で北が上となったことは、近代的な測量法の確立後に磁石の指針が北を向くこととの関連があるといわれる。
陸の輪郭は満潮の時のもので、地図上の大きさは、地球が丸いため図法(投影法)によっては正確ではない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%9C%B0%E5%9B%B3#.E4.B8.96.E7.95.8C.E5.90.84.E5.9B.BD.E3.81.AE.E4.B8.96.E7.95.8C.E5.9C.B0.E5.9B.B3

gtoreさんのコメント
追記しました。 イスラーム世界では「南が上」が多かった、仏教世界では「西が上」が多いそうです。

松永英明@ことのはさんのコメント
ちなみに、オーストラリアの「南が上」世界地図は、お土産用のジョーク商品であって、一般的には常用されていません。

surippa20さんのコメント
いろいろ参考になりました。皆様ありがとうございました。

2 ● ジュラノレ
●50ポイント

ただの豆知識だけど、一部イスラエルが地図上に存在しない国があるらしい。
もちろん、イスラエルを承認していない国々の地図。


surippa20さんのコメント
いろいろ参考になりました。皆様ありがとうございました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ