人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

バリアフリーとユニバーサルデザインの違いを教えてください!
学校の課題でどうしてもわからないので。
7月?8月上旬までに回答してくださるとありがたいです。

●質問者: Yuki
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● すずろ☆
ベストアンサー

http://ud-shizuoka.jp/ubpla/bfud_chigai.html

ユニバーサルデザインは、障害者だったロナルド・メイス氏が、バリアフリー対応設備の「障害者だけの特別扱い」に嫌気がさして、最初から多くの方に使いやすいものを作る設計手法として発明されました。

一方、バリアフリーは障害者・高齢者などの生活弱者のために、生活に障害となる物理的な障壁の削除を行うという、過去の反省に立った考え方で進化してきました。



このことからして、
バリアフリーは障害者・高齢者などに配慮されて策定されたもの。
ユニバーサルデザインは個人差や国籍の違いなどに配慮しており、全ての人が対象とされています。

その他にも
バリアフリーは法律等で規制する事で普及させる「行政指導型」ですが、ユニバーサルデザインは、良いものを褒めたたえ推奨する「民間主導型」と大きく異なっています。


Yukiさんのコメント
どうもありがとうございます! とてもわかりやすいです!! 課題に活用してみます(´∀`*)

2 ● 橋本って人

簡単に言うと

バリアフリーは建物の障害物を無くすこと。

たとえば車いすでも通行できるように段差をなくし、

スロープを作るみたいなかんじ。

ユニバーサルデザインは障害が有る方や高齢者がのために、

使いやすくしたようなもの。

軽い力で動く蛇口(じゃぐち)なんて聞いたことがありますけど。

調べてみたらいろいろありますよ。

日常生活にも結構あったりしますんで。


Yukiさんのコメント
ありがとうございます! 早速調べてみますヽ(*´∀`)ノ
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ