人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

水俣病は、発生からどれぐらいの期間を経て、
会社や国は責任を認めたのでしょうか。

●質問者: surippa20
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● gtore

国は1968年、発生から12年で責任を認めました。
会社は自らは原因と認めていないようです。

1956年 (昭和31年) 05月01日が、水俣病が公式に確認された日とされています。ただし、1942年 (昭和17年) に水俣病と疑われる症状が確認されていますので、これが本当の水俣病なら、12年という数字は26年に訂正しなければなりません。
1968年 (昭和43年) 09月26日、水俣病は新日本窒素肥料水俣工場から排出された物質が原因と政府は発表しました。
1973年 (昭和48年) 07月09日、原因企業であるチッソが患者と補償協定を締結しました。

熊本大学は1959(昭和34)年に有機水銀が原因らしいと報告しました。水俣病が公式に確認されてから4年目のことでした。しかし、チッソは有機水銀説に反対し、原因が広く認められるまでにはその後も長い年月がかかりました。政府(国)が水俣病の原因をチッソから出る有機水銀と認めたのは1968(昭和43)年でした。公式に水俣病の発生が確認されてから12年がたっていました。

水俣市出月で昭和23年々に生まれた女の子が昭和28年12月に発病し、昭和31年3月15日に亡くなっています。この女の子が公式には最初の水俣病患者と言われています。水俣病の公式確認のきっかけとなった水俣市月ノ浦に住んでいた女の子は、1956(昭和31)年4月28日、5歳のときに発病し、5月23日に亡くなりました。でも、それより15年くらい前の昭和16年や17年に狂い死にした人が何人かいます。その人たちが最初の死亡者かもしれません。

チッソは自分から原因を認めたわけではありません。1968(昭和43)年に政府(国)が水俣病の原因を有機水銀と認めたのです。そして、1973(昭和48)年に裁判の判決があり、チッソも責任を認めなければならなくなりました。

http://www.soshisha.org/jp/%E6%B0%B4%E4%BF%A3%E7%97%85%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/%E5%AD%90%E4%BE%9B%E5%90%91%E3%81%91-%E6%B0%B4%E4%BF%A3%E7%97%85%E5%85%A5%E9%96%80/%E6%B0%B4%E4%BF%A3%E7%97%85%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%A4%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%B0%E3%81%93

surippa20さんのコメント
大変参考になりました。ありがとうございました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ