人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

西洋朝顔をそだてています。5月末ごろに元肥を施したプランターに三本づつ定植し7月上旬ごろから小さなつぼみもつき始めていたのですが、このごろそのつぼみが育たないまま下の方から順に黄色く枯れてしまいました。全部ではないのですが。葉は大きくて元気です。追肥は少しだけ6月中旬ごろ施し、6月下旬か7月上旬ごろ一度だけハイポネックス500倍液をやりました。これ以上つぼみを枯らさないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?


●質問者: adur
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kitiko
●20ポイント

鉢 プランター植えなら もしかしたら 夜間の水不足?
アサガオの花の咲きはじめるのは 日が暮れてから9時間くらいとか
夕方の水やりは萎れていない限り 6時か もっと遅い時間にしてみたらどうだろうか?

http://okwave.jp/qa/q6134872.html


adurさんのコメント
アドバイスありがとうございます。夕方は水はたっぷりやっており、朝も土は乾いていないので 夜間の水不足ではないのでなないかと思います。

2 ● amai_melon
●20ポイント

朝顔は、肥料が効きすぎる(窒素肥料過多)とつぼみがつきにくいので、つるだけ伸びて花が咲きにくいときは、肥料を控えてみましょう。
また、いま人気の、ヘブンリーブルーなど西洋朝顔の開花期は一般の朝顔より遅く晩夏から秋なので、もう少し待ってみてください。



http://flower777.mimoza.jp/article/31304300.html


adurさんのコメント
ありがとうございます。待ってみます。

3 ● miharaseihyou
●20ポイント

もしかしたら水のやり過ぎで、梅雨の湿気もあって根腐りしている可能性もあります。
根本近くの土に指を差し込んで湿気が適当かどうか試してみてください。
ぐんにゃり来るなら水のやり過ぎですし、固くてかさかさなら水やりの不足です。
また、肥料のやり過ぎは徒長の誘因になります。
水も肥料も気候に合わせて適量を適時に与えてやる必要があります。


adurさんのコメント
アドバイスありがとうございます。ぐんにゃりというのがどんな感じなのかちょっと難しいのですが かさかさではないです。晴天の日は西日が強く 葉がよれよれになってしまうので 朝 土が湿っていても少し水をやっています。それでも 夕方前によれよれになっていますが 湿っているときは水はやらないほうがいいのか 迷います。

miharaseihyouさんのコメント
そういう時は根を保護してやるという手があります。 一番良いのは敷きワラです。 あるいは近所に茅場があれば、少しもらってきて敷いてやる。 腐葉土を敷いてやっても良いでしょう。 表土を日陰にしてやって「根の日焼け」を防ぎます。 ビニールや新聞紙でのマルチでもいけるかもしれません。 ただし、マルチをやると水やりが難しくなります。

4 ● むっしー。
●30ポイント ベストアンサー

葉は枯れかけているものは全くありませんか?
蕾のまま枯れてしまうのは、葉ダニ(種類多し)のせいかもしれません。
目視で確認できないほど小さい種類もいるようです。

葉は枯れてないにしても、艶が悪くなっていたりしないでしょうか。
葉に影響が出る頃には、かなり増殖していますので、早めに葉ダニ対策をとってみてください。
ハダニ アサガオ で対策を検討してみてください。
夏本番のこれから、いっぱい咲くようになるといいですね♪


adurさんのコメント
アドバイスありがとうございます。見たら数枚の葉の裏に黒い小さい虫がたくさんいたので早速駆除しました。ハダニについてよくしらべてみます。

5 ● suzumiyafan
●20ポイント

花に肥料をやりすぎでしょうそんなにやっていると余計枯れる可能性があります。ほどほどにしましょう。


adurさんのコメント
アドバイスありがとうございます。肥料は当分控えます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ