人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

よく、「健康のために白湯」というのを見かけます。
温かいお茶と白湯では違うのでしょうか?
身体を温めるのに白湯が良いと書いていたと思うのですが、お茶じゃあたたまりませんか?


●質問者:
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 多食斎友好=世田介

「白湯」とは温かい水・熱すぎないお湯です。何も入ってません、お茶などの成分が無い分、薬など飲む時には良いですが、体の温まり方は違うでしょうね(どちらが良く温まるかはそれぞれです。


真さんのコメント
どちらのほうが体が温まるんでしょうね。

多食斎友好=世田介さんのコメント
(質問主旨に応えませんでした)失礼しました。 体の温まり方は、(ショウガや(質問主旨に応えませんでした)失礼しました。 体の温まり方は、(ショウガや刺激物、デンプン、アルコール・薬成分入っていなければ、同じ温度の物を同じ量飲めば)結局同じでしょう。

2 ● miharaseihyou
ベストアンサー

お茶はカフェインが入っています。
適度なカフェインは大丈夫なのですが、飲む量が多い場合は胃に負担が掛かります。
新陳代謝を高めるために水分を多く採る場合には、かなり多くの水分を毎日飲む事になります。
ノンカフェイン飲料とかフラボノイドなどで「胃に優しい」とかってキャッチコピーがあるでしょう。
あれってそういうわけです。
白湯も、同じような趣旨で、少し多めに飲むと思います。


真さんのコメント
カフェインが負担になるとは知りませんでした。 確かにノンカフェインよく聞きますね! 納得しました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ