人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

2012年中に人類が滅亡または、著しく人口が減少するような事が起きると思いますか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

可能性として完全な否定は出来ない。けれども考えにくい。


匿名質問者さんのコメント
ですよね。誰にも未来なんて予測できませんよね。

2 ● 匿名回答2号

人類が滅ぶという考え方、概念はキリスト教や仏教、イスラム教などでいう終末論として存在します。人というのは事象に意味を付けたがるので世界中ではその終末論と様々な自然現象やオカルトと結びつけたりして一喜一憂してます。
今回の場合マヤ暦やフォトンベルトなど様々な考え方が偶然2012年あたりだということで一致しているのですが、その可能性は極めて低いものだと考えられます。
しかし今年に入り、3.11やヒッグス粒子、レーザー核融合など、またウェブの著しい重要性の高まり等で滅亡までは至らなくとも人類のパラダイムシフトのようなものを迎えている気はしますね。


匿名質問者さんのコメント
最近、なにかわからないけど、なにかかわってきたのかもって雰囲気しすよね。

3 ● 匿名回答3号

まったくないと言えます。

60億の人口に対して著しくといえる人数は一億以上じゃないかと思います。

一億人も亡くなるようなことは ないと思いますよ。


匿名質問者さんのコメント
ですよね。いまの平和な生活からは想像できませんよね。

4 ● 匿名回答4号

(1)
隕石はだいぶ地球に近づくまでわからないそうです。
太陽のように自ら輝くわけではないので、望遠鏡では観測しづらいのでしょう。
ですので、2012年中に大きい隕石が地球にぶつかる可能性はあるかもしれません。

(2)
それから人類を滅ぼしうる自然現象は火山の噴火です。
富士山の噴火なんて目じゃないくらいの超巨大噴火が過去に何度か起きています。
ウィキペディアでいうなら「破局噴火」という項目で説明されている現象です。
「もしイエローストーン国立公園の破局噴火が起きた場合、3 - 4日内に大量の火山灰がヨーロッパ大陸に着き、米国の75%の土地の環境が変わり、火山から半径1,000km以内に住む90%の人が火山灰で窒息死し、地球の年平均気温は10度下がり、その寒冷気候は6年から10年間続くとされている」
火山がいつ噴火するかは、なかなか予想しづらいようですので、2012年内に有り得る話かもしれません。

(3)
核兵器も人類どころか地球を滅ぼすに足る量が地球上に存在しているそうです。
どのような状況で核兵器が使われる事態になるのか想像できませんが、
どこかのテロ組織が共産圏から核兵器を入手してアメリカ大陸で使用、世界的な核戦争へと突入する、というストーリーとかでしょうか。


匿名質問者さんのコメント
可能性はあるのか?と思っていたのですが、思いの外、かなり現実味のあることなのかもしれませんね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ