人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人力検索から超人気質問が出現しなくなったのはなぜだと思いますか。
昔の人力検索では、はてなブックマーク獲得数が100を超えるような超人気質問が沢山ありました。
しかし最近では、はてブ数が100を超える人気質問はほとんど見かけません。
1.【必ず答えてください】人力検索から、はてブで人気になるような質問がほとんど出なくなってしまったのはなぜだと思いますか?
Q2.【必ず答えてください】どうすればまた、ホッテントリ―入りするような質問が生まれるようになると思いますか?
Q3【余裕があればチャレンジしてみてください】この質問が終了するまでの間に、あなたの理論を実践して実際に100ブクマを超えるような質問をしてみてください
=====
【参考資料】
[人力検索はてなでホッテントリーを狙うための傾向と対策]
http://d.hatena.ne.jp/fut573/20120726/1343321901
=====
なお、見事100ブクマを到達した方が出た場合、その方に500ポイントのボーナスを支払います。
(複数人達成の場合は山分け)

●質問者: fut573
●カテゴリ:インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● くいっぱ
●25ポイント

1.【必ず答えてください】人力検索から、はてブで人気になるような質問がほとんど出なくなってしまったのはなぜだと思いますか?

横に繋げられるアクティビティの高い人が使わなくなったからではないでしょうか。


Q2.【必ず答えてください】どうすればまた、ホッテントリ―入りするような質問が生まれるようになると思いますか?

人気者がでるためには、下地として、そこそこの水準のものが積み重なっている必要があります。それらが呼び水になってキャラの立っている質問や回答が集まって生まれるのが熱気ではないでしょうか。ブックマークはウオッチャーなので、そもそものプレイヤーが面白くないとウオッチもしてくれません。


Q3【余裕があればチャレンジしてみてください】この質問が終了するまでの間に、あなたの理論を実践して実際に100ブクマを超えるような質問をしてみてください


質問力があるひとを集めるところからやる必要があります。なので現状何かをやっても対処療法的にしかなりません。昔、企業ユーザーという制度(?)があり、月々の支払で質問し放題みたいな制度がありました。今は無くなったと思います。
「疑問」を明文化して誰かに答えられるレベルで投げることができる人の絶対数がすくないので、回答を盛り上げたいのであれば「質問」を盛り上げる必要があります。
でも、ツイッターやフェイスブックなどの代替に取って代わられ、人力検索で質問をしてみようというのが「なんで」という事になってしまったのかもしれません。


ちょっと挑戦してみようかなと思うけど、がっかりしそう…


fut573さんのコメント
-スタープレイヤーの不在 -優良回答者の層の薄さ あたりがポイントでしょうか? 企業ユーザー(通称ゾロ目さん)については、無料質問スタートの少し後に一斉に人力検索登録抹消されたみたいですね。 はてなハイクでゾロ目さんの一人が愚痴っていました。 (誤字修正のため書き直しました)

2 ● 楽1978
●20ポイント

Q1.質問者は人気をとるために質問しているわけではなく、偶然そのことに興味があった人が多かっただけだと思います。超人気質問がが少なくなったのは、インターネットが普及して分からないものはほとんどなくなったことが原因だと思います。わからないことがほとんどなくなったのに利用するのは調べる時間がかかったりするからと考えます。また、ネタでも年月が経つにつれて出尽くしているので物凄く斬新な質問がなくなっていると思います。

Q2.別に無理にホッテントリ―入りするような質問を生まなくてもいいと思います。ここまでインターネット普及してしまっては、難しいと思いますし。人気質問が生まれる理論や法則は特にないと思います。時代もどんどん変わっていきますので。

Q3.超人気質問を狙って質問するというより自分がおもしろいと思うからやってみようという質問は前々から用意してました。世間の反応も気になるので試してみたいと思いますが、期間的にたぶん質問終了後になってしまうかもしれないのでポイントに関係なくダメ元でチャレンジしてみますが、あまり期待はしないでください。(なんだそんなことがつまんねーとかガッカリさせてもどうかと思うので)

Yahoo知恵袋についてはNo.4の回答者と同意見です。

YAHOO知恵袋でホッテントリー入りする人は、おそらくそういう「お笑いネタ探し」や「ピエロ」を探して笑うためにランクが上がっているだけではないのでしょうか


fut573さんのコメント
なるほど、インターネットが普及して検索リテラシーが高まっていることが原因という考えですね。 しかし僕には疑問があります、この一ヶ月ちょいの間に、同じQ&AサービスであるYAHOO知恵袋の質問が、何度もホッテントリ―入りしています。 この違いはどこにあるのでしょう?

fut573さんのコメント
追記のyahoo知恵袋については、なぜそう思ったのか、という理由が欲しいかなと。 4番目の方は、もう何年もはてなブックマークをお使いな上、具体例を上げていただけたので、なぜその結論に達したのかが分かりやすかったのですが、非ユーザーの楽さんが4番目の方と同じ結論に達するまでの思考の筋道が上手くイメージできませんでした。

3 ● おやまあ
●25ポイント

1.【必ず答えてください】人力検索から、はてブで人気になるような質問がほとんど出なくなってしまったのはなぜだと思いますか?


一つの理由としては、前は有料質問だけだったので、答えがいのある質問が多かった気がしますが、無料の質問が加わってから、全体の質問の質が低下したと思います。特に無料質問では、真剣みのない質問や面白くない質問が増えました。質問自体を練るということがないからでしょう。無料化したことによって、参加者の年齢層が下がったように思いますし、質の低下をもたらしたように思います。

もうひとつ、無料開放したにも関わらず、それほど参加者の数が大幅に増えていないようにも思います。競合するような質問のサイトが他にもできましたし、はてなは他の会社のサービスと差異化ができていないのだと思います。質問の総量がそれほど増えていないので、良質な質問も見つかりにくいと思います。

Q2.【必ず答えてください】どうすればまた、ホッテントリ―入りするような質問が生まれるようになると思いますか?

今のままだと、量・質の低下という傾向は変わらないと思います。なにかイベントがあるといいですね。有名人や芸能人の参加者がいれば、みな食いついて参加すると思います。


fut573さんのコメント
なるほど、無料化による質の低下(ノイズの増加)と無料化以降も参加者の大幅増大がなされていないと。(量の問題)が原因という説ですね。 そして面白いイベントがあれば、量・質共に改善する可能性があると。 ……匿名イベントとは何だったのか……

4 ● kitiko
●30ポイント

Q1
00年代中盤ぐらいのインターネットの状況下においては情報が点在していて誰もQ&Aのような情報サイトを作成してませんでした。そのような玉石混交の中でただ検索サイト頼みの検索であったものから、Web2.0以降、ハテブやヤフーブックマークといったランク付けやタクソノミーという集計システムが発達して比較的検索スキルが低い者であったとしても早く答えに行きつきやすい技術的状況が生まれてきたのだと思います。特に、2chまとめサイトの影響力はすさまじいと思います。巨大なまとめサイトはそれだけで検索に引っかかる確率が高く、これまで2chビューワーを入れなくては過去ログにたどり着けなかったものが無料かつ無期限閲覧できるようになりました。これによって著しく、人力検索の情報の価値が低下してきたのだと思います。
先の、YAHOO知恵袋のホッテントリー入りはおそらく、よろず相談が受けるようになったのかと思います。YAHOO知恵袋は比較的曖昧かつ生活相談的な利用をしている人が多く、人力検索のように情報を目的としない人が多いように見受けられます。それゆえ、YAHOO知恵袋でホッテントリー入りする人は、おそらくそういう「お笑いネタ探し」や「ピエロ」を探して笑うためにランクが上がっているだけではないのでしょうか。(このことは、携帯などの普及でウェブの参加者が年少化、一般化してきたことと関わりがあるでしょう)

Q2
基本的に、どの社会においても良いものは大量の悪い集団の中にごく少数現れるものなので、YAHOO知恵袋の例をみればわかるように、ホッテントリー化するためにはまず人力検索の参入障壁を下げることだと思います。もともとあまり人力検索は地名度がないので、多くの人に参加をしてもらい、多くの面白い質問、笑える質問、ためになる質問等々をしてもらい、それに意義ある回答を付けてくれる人を増やす必要性があります。そのためには、巨大検索サイトや類似サービスサイト提携して、マーケティングするしかないと思います。たとえばグーグルやヤフーだと相手に食われてしまうので、提携相手として、ニコニコ動画、OKwave、ライブドアなどと同程度の相手と資本提携すれば良いと個人的には思います。他のサイトと提携することで相手もこちらもアクセス数も参加者数も上がるからです。
さらに、ハテナブックマークの参加者も高めなければなりません。もともとホッテントリーが、ハテナブックマークの参加者数に依存しているので、より多くのホッテントリーを出すには、原理的により多くのハテブ民を作り出す必要性があるからです。

まとめると、質問する人間、質問される人間、それらを評価する人間 その3つを全体的にボトムアップする必要性があると考えられます。


kitikoさんのコメント
ヤフー知恵袋で、ホッテントリーしてるものを事例としてあげるのを忘れました。たとえば以下のようなものが私の言うネタ探し、ピエロ捜しの人たちの質問です。 私の名前は、キラキラネームです。 855 users 腹が立ちました。相談に乗ってください。 - Yahoo!知恵袋 110 users 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 - Yahoo!知恵袋 1326 users 夫に私の初体験を話しました。 - Yahoo!知恵袋 618 users などなど…。こんな質問は、「人により、文化により、状況により、いろいろですよね」としか言いようがないのですが、そういうのが受ける状況にネットは既にあるのかと思います。

fut573さんのコメント
なるほど、参加者の増大により底上げをしようという説ですね。 歴史認識としては Yahoo!知恵袋 2004年スタート OKWave 2005年スタート となっているようです。 スタート時期と、本格稼働し、シェアが逆転するまでの間には時間差があるはずなので、人力検索からホッテントリーが減少しだした時期とこれらの本格稼働との間に相関関係があるのかどうかまでは、ちょっと手が回っていません。 2chまとめに関しては人力検索はてながバンバンホッテントリ―に入っていた2006年の時点で第一次アフィブログ騒動と呼ばれる問題が発生していたようで、これも既に存在していたようです。(これも検索に占める影響力の変化は不明) ネタ探し、ピエロ探しについては、ちょっとはてブ全体の傾向を見てみようかなと思います。

fut573さんのコメント
参考資料として 【2011年のはてブランキング】 - http://b.hatena.ne.jp/articles/201112/7097 【人力検索で100ブクマ以上を到達した質問一覧】 -http://fut573.com/data/qa%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88/%E4%BA%BA%E5%8A%9B%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%83%96%E3%81%A7%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%81%AA%E8%B3%AA%E5%95%8F/

5 ● eses
●25ポイント

そのほかですが。

1・他のサイトへの滞在が長くなり、
友人、知人と「そういえば!」と話の展開・雑談で疑問が解決することが多くなった
(たとえば、フェイスブック、ツイッター上にて)
・ここのところ暑すぎて 発熱ぎみのパソコンや暑さの下 携帯を使って Q&Aを考える
ということに気がまわらなくなっているなど・・・。
・過去の質問や関連質問を検索しているとヒントや解決が可能となった。
・デバイスのスマフォへの移動が増えて、まだ、はてなのアプリでの投稿が慣れていない
など感じました。

2・フェイスブックやツイッターにも
はてなQ&Aが流れているので、はてなIDと登録名が違うため
すぐ違う作業に移れば回答も可能ですが、ログアウトしていると次の行動がなかなか。
匿名というサービスがこのブランクタイムを埋めるものになるかな?と
感じていますが?????。

3.今後のトレンドを考えると スマフォアプリのバージョンアップ
たとえばアプリ上で簡単に文字を大きく
ウォッチリストや回答履歴などもらくらく設定できればと個人的に感じました。

以上、そのほかの つぶやきでした。


fut573さんのコメント
SNSの発達により横のつながりができたこと、モバイル対応、特にスマフォ関係に難、UIに問題あり等が原因というかんじでしょうか? ちなみに人力検索は、2011年の8月から、twitterやfacebookのアカウントで回答可能となっております <a href="http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenamagazine/20110804/1312442077">人力検索はてながTwitterやFacebookアカウントで回答可能に!Q&amp;Aでつながろう! - はてなメールマガジン『週刊はてな』 - 機能変更、お知らせなど</a>

esesさんのコメント
個人的に、はてなのニックネームで利用していたことが長く、 その後、本名のSNSと連携はしなくていいかなーーという方も多いかなと感じますね。

fut573さんのコメント
なるほど、twitterには連携しているけどfacebookには連携していない人は、そういう理由で繋げていないのかもしれませんね。

1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ