人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

水泳の「自由形」って本当に自由なんでしょうか。本当の自由ってなんなんでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:趣味・スポーツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

私は学校の水泳の自由形で犬掻きをして泳いだ事があります。
他にも顔を出したまま平泳ぎしたり…

特に何も言われなかったし、クロールとか嫌いなんで。
自由ならいいかなって


匿名質問者さんのコメント
顔を水につけられなかっただけなんじゃって疑惑も有りますが、素敵なお話ありがとうございます。 自由ですもんね。

2 ● 匿名回答2号
ベストアンサー

(財)日本水泳連盟競泳競技規則によると、自由形は以下のように定められています。

第6条 自 由 形 (SW5)
1 自由形はどのような泳形(スタイル)で泳いでもよい。ただし、メドレーリレーおよび個人メドレー競技においては、自由形は、バタフライ・平泳ぎ・背泳ぎ以外の泳法でなければならない。(SW5.1)
2 各折返しおよびゴールタッチでは、泳者の身体の一部が壁に触れなければならない。(SW5.2)
3 スタートおよび折返しの後、身体が完全に水没していてもよい距離15mを除き、競技中は泳者の身体の一部が水面上に出ていなければならない。壁から15m地点までに頭は水面上に出ていなければならない。(SW5.3)


また、これ以外にも、泳法によらない規則というのはあります(足ひれをつけちゃダメ、とか)。詳しくは規則をどうぞ。
http://homepage2.nifty.com/swim33/SwimmingRules.htm


なお、本当の自由とは何なのかについては深遠なテーマですので、そっと聞き流すことにします。


匿名質問者さんのコメント
バタフライ、平泳ぎ、背泳ぎ以外でなくてはならないってのが意外でした。 ありがとうございます!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ