人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

腰を傷めない作業の仕方を教えて下さい。また作業で腰を傷めない為の器具がありましたら、それも教えて下さい。…いたたた……

●質問者: 江戸十七
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou

作業の内容によります。
ここでは一般的な中腰スタイルの代表格「草むしり」でお答えしてみましょう。

フィールドカートJr.

フィールドカートJr.


こういった座って作業するためのカートが販売されています。
中腰よりも楽です。

まあ、作業終了後にはストレッチを頑張って、丁寧に筋肉を伸ばしてやるのが基本です。
時間を掛けてゆっくりと伸ばしてやる必要があります。
股裂き(開脚前屈)などをゆっくりやるのがセオリーです。


江戸十七さんのコメント
どうもありがとうございます。 なるほどストレッチって重要なんですね。

江戸十七さんのコメント
引き続きあらゆる作業での対処を募集しています。 宜しくお願いします。

2 ● miharaseihyou
ベストアンサー

重い物を持つ時は、足の力を使います。
そのためには股関節が開いてくれなければなりません。

股関節を開いて膝を曲げれば腰が低くなります。
この状態で手を下げれば物の下に手が届きます。
そこから手は物を持ったままで固定して、太ももの筋肉を使って持ち上げます。

股関節が充分に伸展しない人が多いのですが、上半身の力で持ち上げると腰に負担が掛かります。
腰痛が酷くなるわけです。
そこで、私がいつもお勧めしているのがストレッチですが、質の良いインストラクターは未だに希少価値。
通常は自分で勉強して実践する事になります。

筋肉は個人個人で全て違う特性を持ちます。
全身の筋肉が全身に影響を与えます。
ストレッチは自分で自分の身体と対話しながら日々変化させます。
教科書を紹介しておきます。
腰痛を悪化させたくなければ自助努力してください。

もっと伸びる!ストレッチング―あなたにぴったりのストレッチングが見つかります からだの硬い人にも柔らかい人にも対応! (SJ sports)

もっと伸びる!ストレッチング―あなたにぴったりのストレッチングが見つかります からだの硬い人にも柔らかい人にも対応! (SJ sports)


江戸十七さんのコメント
色々とご紹介いただきありがとうございました。 これらのことを実践して、今後腰を痛めないようにしたいです。

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ