人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「この世でこんなに不幸なのは自分だけなんじゃないか」
と思った時、振り返ってみて何が転機になりましたか?
体験談を教えて下さい。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

英語が得意な人が亡くなった時に、
英語で書かれた資料は自噴で読めなきゃいけないのかと思って、
壁に頭を打ちつけまくって、
気分が悪くなったので、寝て、
次の日にまだ生きていたら窓から跳び下りようと思いました。

翌日起きた時に、
その一年前に、
英作文を自分でも書けるようになってた事を思い出して、
死ぬ前に、ぼくが描いた漫画の一つを英語でノベライズしようと思いついて、
書き始めました。

その二年後に、英語で書かれた資料を自分で和訳したので、
うやむやになって、
今も生きています。


匿名質問者さんのコメント
回答ありがとうございます。 次の日に「英作文を書いたことを思いだした」 というのは、偶然にして立派な一つの転機ですよね。 そして、その後書きはじめたとすぐに行動に移された点が 興味深かったです。そこが要ですよね。 ありがとうございました。

2 ● 匿名回答2号
ベストアンサー

長期の転職活動の上、ようやく就職した職場で、立て続けに二人を退職に追い込んだ「人潰し上司」にあたってしまい、1年後に予想通り3人目の鬱病の仲間入り。会社の配慮で配置転換されたが再配置早々にトラブル続きの顧客の担当に。またも前任者辞退による交代要員でした。引き継ぎを終えると、いきなり対応の矢面に立たされフルボッコに。毎晩酒を煽り鬱病と不眠症で死ぬことばかり考えていました。

ある日、明け方まで仕事してて仮眠から目覚めた時に転機は来ました。
「手段なんか選んでられるかー!」一種のブチギレです。そのままの勢いでハッタリと小さい嘘で翌日のトラブル釈明を切り抜け、一気に楽になりました。

その後もトラブルはありましたが、ハッタリと勢いで対応しつつ
社内改善を繰り返し、今はトラブル0件です。

今も悩みは湧いてくるし、使えない自分に失望もするけれど、
不幸とは思ってないです。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。 おはなしを伺うことができて (他人との比較は本質ではないですが) 自分ももうちょっとだけ、がんばってみようと思えました。 ありがとうございました。

3 ● 匿名回答3号

重要な仕事を担当していたとき、突然、虫垂炎(いわゆる盲腸)になってしまいました。
そのまま入院。
手術をせずに、抗生剤で治療(と主治医の判断)。
なかなか治らずに、3週間以上も入院してしまいました。
結局、その重要な仕事は...なんと不運なんだと嘆きました。

でも、虫垂炎はかつては非常に死亡率の高い病気であることを知り、
それ以降、大変なときは、自分は一度死んだ身であると自分に言い聞かせて
気合いを入れて頑張っています。


匿名質問者さんのコメント
その仕事があれば、、と普通であれば悔やんでも悔やみきれないところ 視点を変えて、機会を捉え直す姿勢はぜひ参考にしたいと思いました。 回答ありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ