人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いつもお世話になっています。まず、写真をみてください。

水冷式の天吊り型エアコンの内部のドレン排出管からエアコンの後部を隔てて、一回り大きな管の中にドレン排出管が入っていっている写真です。
ご覧のように赤丸で囲んであるところに隙間ができています。そこから、水が漏れています。
確認してみますと、ドレン排出管をオレンジ色のスポンジみたいなもの(断熱材?)で二重、三重に巻かれています。
最後にドレン排出管が入っている管を厚い灰色の布or紙みたいなもので包んでいます。
ドレン排出管をオレンジ色のスポンジみたいなもの(断熱材?)は、水を含んでおり、押すと、水が滴り落ちます。どうやら、ここから、水滴が落ちているようです。
それで、この水滴が落ちるのを止めたいのですが、いい考えが浮かびません。
よければお知恵を貸して頂けないでしょうか。よろしくお願いします。
完璧は、修理は求めていません。とりあえず、水滴の落ちを止めたいのです。よろしくお願いします。





1344150019
●拡大する


●質問者: ryouko5252
●カテゴリ:趣味・スポーツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●67ポイント

暑いのに大変ですね。
管の材質にもよるのですが、塩ビ管など用に異径用の継ぎ手が出ています。
http://www.hishipipe.com/pdf/shiyouzu/W030350701.PDF
サイズが極端に違うようなので、2つぐらい繋げる必要があるかもしれませんが、ホームセンターなどに沢山ありますから探して下さい。
金属管の場合は接着できませんのでねじ切りなどが必要ですが、差し込んで締め付けるだけのアダプタもあります。
水道水圧に耐えられるので、ドレンの排水なら楽勝でしょう。

もしくは、細い方にじゃばら状のフレキシブルパイプを接着等して、太い方の内部へ差し込みます。下る部分まで差し込めれば、今の部分からの水漏れは無くなると思います。太い方が詰まったりしなければ・・・
径が合えば、簡単な水道用のホースなどでも代用できるでしょう。ホースバンド等できっちり締めれば当分は保つかと。

もっと手を抜くなら、スポンジの代わりにパテか何かで埋めます。水中パテなどなら濡れている場所でも接着可能です。スポンジにパテを塗り込んでしまってもいいかもしれません。でも、水漏れを完全に止めるまでにはいかないかもしれません。


ryouko5252さんのコメント
回答ありがとうございます。お返事遅れてすみません。 隙間に、簡易的な断熱材を2重3重巻いて、その上から、水漏れ防止テープを巻いています。 今のところ水滴は止まっています。 しかしながら、ちょっと疑問に思っています。ドレン排出管に巻いてある断熱材は、結露防止のためであると思いますが、断熱材を巻いていれば、結露は防止できるのでしょうか。 こちらの排出管にまいてある断熱材は、水分を含んで、ジュクジュクですが。 もし、ご存知ならばご教授お願いします。

sebleさんのコメント
ドレンから落ちてくる水は広い意味で結露そのもので、多少低いですが特に冷却されている訳でもありませんから断熱材を巻く意味はほとんどありません。エアコンの配管そのものなら別ですが、、 断熱材で確実に結露が防止できる訳でもありません。損失を減らすための断熱ですし、完全密封しない限り空気が入り込みますからどうやっても少しは結露します。 現状は、断熱材で水漏れが止まっているのではなく、防止テープで止まっているだけかと。単にテープを巻く土台としてだけであって、断熱材が水を含んでそこで雑菌が繁殖すると思います。パテの方がまだまし。でも、エアコンパテは接着はしませんから、水漏れの完全防止はできないと思いますよ。何年かすると隙間ができて、またそこから垂れてくると思います。

ryouko5252さんのコメント
お返事遅くなりすみません。いつも回答ありがとうございます。参考にします。ありがとうございました。

2 ● oil999
●67ポイント

エアコンパテを使うといいです。

配管・穴埋め・エアコンパテ ライトグレー

配管・穴埋め・エアコンパテ ライトグレー


ryouko5252さんのコメント
ありがとうございます。今、注文中です。ありがとうございました。

3 ● fan--fann
●66ポイント

簡単なのは ホームセンターで 売っている シリコンコーキング材 これは たいて

い 耐熱温度が 高いので 安心(ウレタン コーキング材の方が 良い ただし 耐熱性

の物 120°以上 )と コーキングガン (これは コーキング材を 押し出せるなら 作業

がしやすいだけなので 買わずに 工夫しても 良いです 又 メーカーによっては(メーカ

ー・・・エービーシー商会 等)出口に ガン不要の 吐出レバーのついたものも 有ります)

【我が家のそばの ホームセンターでは 手動式ガンで 500円以内で 売っていました 】

隙間を 埋める時は やはり 配管 断熱材共 乾いているときの方が 良いですヨ

コーキング材は 使用する量は 隙間いっぱい完全に詰めても ほんの少しです


★ もう一つの 方法として 断熱材ですが オレンジ色との事なので それは熱に強い

冷暖房兼用ですから (白い色のは 冷房用なので 暖房時に 溶けてしまいます )

ホームセンターに 売っていたら (穴径は大きくとも 切て合わせれば良い)それを 一本

買って 少し 隙間より 長めに切って ギュッと 押し込むように 2?3段にはめ込み ビ

ニールテープで 止める方が 安いかとも 思います


fan--fannさんのコメント
すみません カン違いをしていました ドレン部分だけに使うのであれば 断熱材は 白い 冷房専用の物で OKです 又 ウレタンコーキングも シリコンコーキングも 最高温度温度気にしないで OKです 大変 失礼いたしました

ryouko5252さんのコメント
回答ありがとうございます。お返事遅くなりすみません。あと、エアコンを出たあとのドレン排出管は、断熱材で2重3重に巻いてあって、その上に灰色の厚い紙(布?)が巻いてあるだけで、金属あるいは、鉄の管ではないみたいです。上から、押すと、やわらかいです。 なので、手でにぎると、オレンジの断熱材から水が滴り落ちます。配管については詳しくはないのですが、配管という感じではないです。誤解を招くような記述をしてすみません。 >隙間を 埋める時は やはり 配管 断熱材共 乾いているときの方が 良いですヨ コーキング材は 使用する量は 隙間いっぱい完全に詰めても ほんの少しです ?この施設は、真夜中以外は、エアコン稼動していますので、オレンジ色の断熱材は、水分を含んで、ジュクジュクです。(ここから、水滴が落ちていると思います。) それでも、コーキング材は大丈夫でしょうか。 ?コーキング材を使った場合、あとで、コーキングで、隙間を埋めたところは、はずすことはできるのでしょうか。つまり、エアコン後ろの排出管の出口のところとか?また、当然、ドレン排出管にもコーキング材がくっつきますよね?だいじょうぶでしょうか。 ご教授いただけたら幸いです。

fan--fannさんのコメント
< ?この施設は、真夜中以外は、エアコン稼動していますので、オレンジ色の断熱材 は、水分を含んで、ジュクジュクです はい ぐじゅぐゅじゅでも 問題ないです まあ コーキングを 入れる時に しぼれるなら 少しでも 絞って 水を断熱材から 出 した方が 良いですが そんなに 気にしなくて OKです < ?コーキング材を使った場合、あとで、コーキングで、隙間を埋めたところは、 はずすことはできるのでしょうか はい 問題なく カッターなどで 切り取って もとに 戻せます コーキング材は 何年たっても やわらかいですから

ryouko5252さんのコメント
回答ありがとうございました。お返事遅くなりすみません。本日、エアコンの隙間からの漏れのほうは、簡易的な断熱材を2重3重巻いて、その上から、水漏れ防止テープを巻いています。 今のところ水滴は止まっています。 もう片方の方には、コーキング材を注入して、水滴を止めています。今のところは大丈夫です。 上記の方にも質問していますが、ドレン排出管に巻いてある断熱材は、結露防止のためであると思いますが、断熱材を巻いていれば、結露は防止できるのでしょうか。 こちらの排出管にまいてある断熱材は、水分を含んで、ジュクジュクですが。 もし、ご存知ならばご教授お願いします。

fan--fannさんのコメント
< ドレン排出管に巻いてある断熱材は、結露防止のためであると思いますが、断熱材を 巻いていれば、結露は防止できるのでしょうか。 はい 断熱材は 結露防止と 結露で 出来た水滴落下防止の為ですので 水滴が 落下しな ければ 何の問題も 心配も有りません 【 結露防止と言っても 全く 結露しないわけでは 有りませんので 】

ryouko5252さんのコメント
回答ありがとうございます。 >断熱材は 結露防止と 結露で 出来た水滴落下防止の為ですので 水滴が 落下しな ければ 何の問題も 心配も有りません。 断熱材と結露の関係を考えると、断熱材が結露の水分を吸込むのでしょうか。(だから、断熱材がグショグショなのかな?いや、なんかちがうような。) イメージがわきにくいのですが、具体的に教えていただけないでしょうか。何回も質問して申し訳ないのですが。ご教授いただけたら幸いです。

fan--fannさんのコメント
断熱材を巻いているのに なぜ 断熱材が グショグショになるのか? ということでしょうか? 断熱材は ドレンの塩ビ管に 後から 巻き付けたものなので 必ず 塩ビ管と 断熱材の間には 空気の隙間が 出来てしまうので 空気に含まれた 水分が 断熱材を ぬらすのです 又断熱材は 上から下まで 一本物でなく 途中何か所も つないである為 つなぎ目から空気が 入りやすいのです もし断熱材が 塩ビ管に 吹き付けられて 隙間が 全くないと 断熱材は カットした部分だけ空気に触れるので その部分だけ 少し グショグショになるだけで すむのですが・・・・ そのため断熱材は 結構分厚い物を使って ぬれたり 乾いたりをくり返しながら 水分を 落下させないように しているのです
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ