人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仕事の進め方について。「これにもっと早く気づいていれば!」と思うくらいに劇的な効果があった工夫や道具を教えて下さい(効果も書き添えて下さい)。

個人的には:
・常にメモ帳を持ち歩き、脳には記憶させない → 出てくるアイデア量が倍増、ミスが減る
・本は、自分の解釈を欄外に書き込みながら読む → 理解が倍深まる、再読が効率的
・長文を書くときは一度マインドマップでまとめておく → 執筆が早い、手戻り半減、構成が明確に
・昼飯は炭水化物を取らない → 午後全然眠くならない、夕方腹減らない、痩せる(半年5kg減)

※私は仕事柄、情報整理系が多いですが、交渉事や進捗管理など何でもどうぞ
※「実際に自分で試し、劇的に効果があったこと」のみでお願いします。

●質問者: にらたま
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● kitiko
●34ポイント

・ScanSnapというページスキャナーで名刺を全部とり込み管理する。検索するときに便利です。
・同様に、ScanSnapで資料を全部取り込みPDFでOCR化してあとで検索できるようにしておく。身の回りがすっきりしなおかつ、資料を引用しやすくなります。

また、PCは薄いものが良いとおもいます。いつでも持ち歩けるように、今なら世界最軽量のLavieZのLZ750/HSがおすすめです。13インチなのに、875グラムしかありません。

http://121ware.com/lavie/z/


にらたまさんのコメント
scansnapはいいですね?。scansnap→evernoteで色々すっきりしました。

2 ● suppadv
●34ポイント

仕事前に1時間の散歩をしながら、今日の仕事の内容やり方など整理しておく。

朝、体を動かしながら考えると、頭が良く動く、また新しいアイディアも浮かび易い。1日の仕事の段取りや、新たなチャレンジの方法を考え付いてから、仕事を進めるので、スムーズに進み、非常に気持ちが良い。
運動にもなるので、健康にも良い。
朝、1時間早く起きなければならないのが難点。でも習慣化すれば何とかなる。


にらたまさんのコメント
なるほど。。。早く出社して仕事するのはよく聞きますが、計画に1時間かけるんですね。まずは散歩から始めて、できれば朝散歩にもチャレンジしてみます。ありがとうございます。

3 ● 楽1978
●33ポイント

車などの運転や通勤時間に特に何も考えずにボーッとする。
頭を休める時間を作る。(ガムを噛んだり)
するといいアイデアが浮かぶようになります。
あとは、メモ帳の代わりに身近な携帯電話を活用するのはどうでしょう?


にらたまさんのコメント
on/offの切り替えですね。意識します。ありがとうございます。

4 ● 無頼庵
●33ポイント

システムエンジニアの経験からです。
・情報の整理は、名称を主要語/修飾語/分類語に分けました。それぞれは語として本質/特定/タイプの役割を持っています。これらに分解した後、それぞれのグループで標準語に統一し、その標準語によって標準名称を作ります。これにより、異音同義語が無くなり、検索も容易になります。
・情報の分析は、データフロー図を使用した構造化分析(トム・デマルコ著「構造化分析とシステム仕様」)は業務組織の把握に最適です。機能を丸、データの流れを矢印で示し、丸の数や矢印の交差有無で組織構造の判断が容易になります。そこから階層下位の丸の数を5つまでにすることや矢印の交差をなくすることで、業務改善が明確にできます。私がこの方法を使用した3件のシステムは、順調に運用されています。
・交渉事はトレードオフ(ワインバーグ著「コンサルタントの道具 箱」)です。具体的な提案を2つ用意し、相手に選択をさせます。いずれの提案内容も否定されたとしても、具体的な内容で検討が可能です。根拠のある金額もしくは工数を提示するのがポイントです。私は、35歳からフリー契約で働いて来ましたが、これで25年をやってこれたのだと思います。
・進捗管理はファンクションポイント法による見積りを前提としました。これによって、進捗の差異が出た場合には見積りを補正して、再見積りをすることで問題が大きくなる前に対処をすることができました。
ご参考まで。


にらたまさんのコメント
ありがとうございます。本を読まないと実践は難しそうですが、情報整理と交渉事については参考になりそうです。

にらたまさんのコメント
ちょっと試したら、お教え頂いたデータ項目整理の考え方が、実は情報整理において大変参考になることが分かりました。もしよろしければ参考図書などお教え頂けますと助かります。

無頼庵さんのコメント
参考図書はわからないのですが、次のサイトにデータ項目命名体系として説明がありました。http://www.kensc.co.jp/k/advantage/solution/dataitem/ 私の説明より良いと思います。これが本質です。後は関係者が納得する語を標準として定義します。付け加えるとすれば、異音同義語を探しやすくするために、それぞれの語を5W2Hの属性で分類します。後はExcelシートで語と属性で分けて名称で並び替えを行い、標準の名称を試行錯誤して定める作業です。 名称は文化ですので、この整理をすることが効率アップに繋がると思います。

にらたまさんのコメント
ありがとうございます。このサイトはちょうどさっき見ていました。定型文ソフトにキーワードを入れて、用語統一からやってみようと思います。 >語と属性で分けて名称で並び替えを行い、標準の名称を試行錯誤して定める作業です。 ここが良く分かりません。。

無頼庵さんのコメント
済みません。この文での「名称」が不適切でした。 文を細かく書き直しますと、 名称を主要語/修飾語/分類語の語に分解します。分解した語に5W2Hの属性を付加します。次に分解した語別属性別に語を昇順に並べて、異音同義語を見つけます。異音同義語があったら、どちらかに統一するか、新たに標準とする語を設定します。異音同義語でなくとも不適切な表現の語は標準とする語に変えます。この作業を一通り終えたら、名称を標準とした語で置換えます。この結果、標準とした語が不適切な場合は調整をします。これが、試行錯誤の意味です。 因みに属性として付加するのは、異音同義語を見つけやすくするためです。必ずしも5W2Hで無くともよいですが、時/所/人/物/方/由/量(/価)の切り口がわかりやすいと思います。

にらたまさんのコメント
ありがとうございます。

5 ● haru-taka
●33ポイント

嫌な仕事、面倒だなあって仕事から先に終わらせる。テンション上がってきますよ。
優先順位のつけ方ってとても大事な気がします。
他の誰もやりたがらない仕事を率先してやると、段々と自分の評価が上がってきます。


にらたまさんのコメント
嫌なタスクって、その日の最初にやると確実に着手できますが、後半に予定を置くと、イレギュラーが入って結構翌日に持ち越しちゃうんですよね。 ただ、嫌な仕事がなくなるとだらけてしまう自分がいます。。

1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ