人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今年で、50歳になりますが、長時間の立ち仕事を毎日しています。就寝後、2〜3時間すると、脚が、攣って起きてしまいます。
始めは、脹脛でしたが、最近は、向こう脛、膝〜臀部の腿裏や、内股が、攣り、痛くて、翌日の仕事にも、支障が、でています。
食事療法、サプリメント、薬品、マッサージ、ストレッチ、等、予防方法を教えて下さい。
又、医者に行くなら何科にうかがえば、いいのか、教えて下さい。

●質問者: パグ大好き
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● totsuan

※重複回答にて削除しました。申し訳ありません。


2 ● totsuan

ども。

質問者様の症状が、長時間の起立姿勢によって生じた可能性は高いと思います。゙慢性作業関連筋疼痛障害゙といえるものだろうと考えます。
対症療法としては、長時間の同一姿勢は避ける(=30分?1時間経ったら屈伸等の運動で足の筋肉の血流改善を図る)、腰から下を冷やさないようにする、通常より多めの水分及び電解質(=ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム)摂取に努めるなどです。ただし、スポーツドリンク等の砂糖水の大量摂取は逆に症状を悪くするので、お茶やスープ類、牛乳等を摂る様にしてください。
また、薬局にある「芍薬甘草湯」という漢方薬を試す方法がありますが、飲み過ぎると足に力が入りにくくなる副作用(=偽性アルドステロン症)があるので、症状が続くようであれば、早めに内科や整形外科に相談してください。

お粗末様でした。


パグ大好きさんのコメント
ありがとうございました。 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、等の摂取は、サプリメントで可能でしょうか? 市販の芍薬甘草湯を購入しましたが、副作用があるとは、知りませんでした。 出来るだけ服用しないようにします。

totsuanさんのコメント
上記電解質はいずれも日常の食事で十分補えます。ナトリウムは塩分ですし、カリウムはバナナ等のフルーツ類、カルシウムは牛乳などの乳製品、マグネシウムは貝類や海藻類などの海産物で補給できます。ただし、いずれも過剰摂取は別の病気を引き起こす可能性があるので、いつもより少し積極的に摂る程度で十分だと思います。 むしろ、体をよく温めた状態(例えば入浴後)でのストレッチ運動が効果的と考えますので、例えばクーラーや扇風機の直当りは避けた方がよいと思います。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ