人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

貨物船の運賃は、海運不況でここ数年で大幅に下がった
と聞きましたが、海運不況とはどういうものだったのでしょうか、どの程度運賃は下がったのでしょうか。

●質問者: surippa20
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● amai_melon
●25ポイント

海運不況の状況

http://www.jsanet.or.jp/data/pdf/genjo2011.pdf
http://www.nyk.com/ir/financial/shipping/


2 ● kitiko
●25ポイント

運賃については、アメリカの大型船を貸しきると、約2200万円していたの38万程度まで暴落したそうです。

輸送運賃を見てみよう。一般的にはあまり知られていない業界指標の「バルチック海運指数(不定期船運賃指数、BDI)」によると、運賃はこの6年で最も低い水準にまで落ちている。BDIは原油を除くほとんどのコモディティー(商品)のばら積み船運賃の指標で、今年中盤から急低下し、5月に記録したピーク時の1万1793から実に93%の下落幅となっている。結果、商船1隻の1日の運賃はわずか半年で98%も下落している。





http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20081201/178771/?rt=nocnt


3 ● papavolvol
●25ポイント

中国にどんどんビルが建って、中国でどんどん自動車が生産されるようになるだろうと見込んで世界中で貨物船が建造されました。

何と言っても、中国は人口が13億人を超えています。これらの国民全員が文化的な家に住んで、家電製品を使い、自動車に乗るようになるとしたら、信じられないくらいたくさんのコンクリートや鉄鋼が必要になります。

ところが思ったほど中国の鉄鋼などの需要が伸びていないので、船が余っている状態になっています。需要と供給のバランスで運賃が下落して採算が取れない状態になっています。一番厳しいのは鉄鉱石を運ぶ「ばら積み船」という種類の船です。


4 ● yvmub
●25ポイント


・海運業界で未曾有の不況が続いている。世界的な景気低迷で荷動きは鈍化。そこにリーマン・ショック前に大量発注した新造船の完成ラッシュが加わり、需給バランスが崩れている。

・鉄鉱石や穀物を運ぶばら積み船の運賃は低水準のまま。川崎汽船は1月末までに5隻のばら積み船の建造を違約金45億円で解約。

・コンテナ船やタンカーも採算を取るのが難しい。商船三井は昨年末までに3隻の廃船を予定していたが年明けに追加で2隻の廃船を決定。中古船市場でも十分に値の付く船舶の処分でも「売却では船腹の供給源にならない」(渡辺専務執行役員)。

・海運各社の連結売上高の2?4割を占めるコンテナ船事業。日本郵船、商船三井、川崎汽船の大手3社は今期、同事業だけで合計1175億円の経常赤字を計上する見通し。

・抜本的な収益改善に向けて打った一手は「アライアンス」だ。4日、日本郵船、商船三井など海運6社が結成した「G6アライアンス」が動き出した。アジア―欧州航路を共同運航する。タンカー分野でも商船三井はマースクなどと5社でタンカーの共同運航組織「ノバ・タンカーズ」を2月に発足。年内には船齢の若い50隻のVLCC(大型オイルタンカー)を共同運航する。

・2011年8月末時点で世界上位20社のコンテナ船の運航隻数は5008隻、船腹量にすると1499万TEU。新造船の発注残は667隻、453万TEUと既存船腹の3割に達する。怒涛のような船腹供給は止まらない。「きめ細かなコスト削減では供給量の大幅増という荒波を乗り切れない」(大手海運首脳)。


http://www.ikpi.co.jp/bizblog/blog20120313.html


5 ● yvmub
●0ポイント

運賃


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ