人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

光速度不変の原理は真理ではなく、ローレンツ変換通りに時間は変換されないことが、証明出来ました。
ローレンツ変換は、
?t’= (t?(Vx/C^2)) / √(1?(V^2/C^2))
?x’=(x?Vt)/√(1?(V^2/C^2))
?y’= y
?z’= z
ですが、これを三角関数で表現することも出来ます。
変換前の光を?(x,y,z)=(Ct*cosθ,Ct*sinθ,0)とし(平面で説明します)、変換後の光を(x’,y’,z’)とします。
光速度不変の原理の要請により、√(x^2+y^2+z^2)=Ct、かつ?√(x’^2+y’^2+z’^2)=Ct’が成立します。
?に?から?を代入すると、
?√{((x?Vt)/√(1?V^2/C^2))^2+y^2+z^2}=Ct’
?に?を代入すると、
√{((Ct*cosθ?Vt)/ √(1?V^2/C^2))^2+(Ct*sinθ)^2+0^2}=(C?V*cosθ)* t/√(1?V^2/C^2)=Ct’
?t’=t*(C?V*cosθ)/C*√(1?V^2/C^2)
となります。
しかし、GPS衛星では時間の経過が
?t’=t/√(1?V^2/C^2)
と遅れます。
そうなるとV慣性系の光の相対速度は、
?C’=(C?V*cosθ)
でなくてはなりません。リングレーザージャイロにおいて光の相対速度を、(C?V*cosθ)キロメートル/秒としていることからも、真実であることが分かります。
詳細は、
http://www42.tok2.com/home/catbird/
を参照下さい。

●質問者: catbird
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

▽最新の回答へ

質問者から

マックスウェルの方程式において、光速度が不変と仮定した理由については、
http://www42.tok2.com/home/catbird/makkusuuerunohouteisiki.html
を参照下さい。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ