人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

地面のどまんなかに落雷!?
NHK等のニュースで流れた落雷の映像が衝撃的過ぎました。なぜかといえば、何もない、湾港や空港のど真ん中に雷が落ちていたからです。
通常、雷は高い場所に落ちるはずでしょ?
落雷の被害があった、長居公園・滋賀も同様に疑問です。
長居公園はよく行きだいたい現場の状況はわかるのですが、周りのビルのほうが少なくとも木よりは高いですし、長居スタジアムの照明塔はかなり高くて、無論避雷針もあります。
滋賀でランニング中の男児の場合は、コンクリートに穴が開いたそうです。
個人的な見解ですが、落雷時に雨が降っているかいないかが、雷の落ちる高さに関係するのですしょうか?
NHKの映像では大阪空港も咲洲も落雷地点は雨が降ってないように見れました。

長居公園で落雷に合われた方、ランニング中に雷に合われた方、本当に気の毒でなりません。
ここで得られた知識を、被害の予防に活かしたいと思います。
補足
NHKのニュースのリンクです。
滋賀 落雷で中学生が意識不明の重体
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120818/t10014372251000.html
大阪 公園で落雷1人死亡1人重体
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120818/t10014373321000.html

●質問者: tyuuta1045
●カテゴリ:趣味・スポーツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

1 ● うぃんど
●25ポイント

滋賀の件は、まわりに高いものが無かった。
大阪の件は、木が避雷針の役割を果たしてはいたが、その木の近くにいたために、雷が人体にも飛び火した。

不幸な事故ですが、どちらも雷の特性です。

雷は高いところから落ちてくるので、高いものに落ちやすいのは事実ですが、
それは絶対ではなく、その場その時に流れやすいところに流れます。

以下、気象庁のページからです。
簡潔に説明されているのでわかりやすいと思います。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/toppuu/thunder4-3.html

雷から身を守るには

雷鳴が聞こえるなど雷雲が近づく様子があるときは、落雷が差し迫っています。以下のことを念頭に速やかに安全な場所へ避難することが、雷から身を守るために有効です。

雷に遭遇した場合は安全な空間へ避難

雷は、雷雲の位置次第で、海面、平野、山岳などところを選ばずに落ちます。近くに高いものがあると、これを通って落ちる傾向があります。グランドやゴルフ場、屋外プール、堤防や砂浜、海上などの開けた場所や、山頂や尾根などの高いところなどでは、人に落雷しやすくなるので、できるだけ早く安全な空間に避難して下さい。
鉄筋コンクリート建築、自動車(オープンカーは不可)、バス、列車の内部は比較的安全な空間です。また、木造建築の内部も基本的に安全ですが、全ての電気器具、天井・壁から1m以上離れれば更に安全です。

安全な空間に避難できない場合の対応

近くに安全な空間が無い場合は、電柱、煙突、鉄塔、建築物などの高い物体のてっぺんを45度以上の角度で見上げ、4m以上離れた範囲(保護範囲)に退避します。高い木の近くは危険ですから、最低でも木の全ての幹、枝、葉から2m以上は離れてください。姿勢を低くして、持ち物は体より高く突き出さないようにします。雷の活動が止み、20分以上経過してから安全な空間へ移動します。

(雷から身を守るには ― 安全対策Q&A ― :日本大気電気学会 から引用)


2 ● きゃづみぃ
●25ポイント

http://www.saga-ed.jp/kenkyu/kenkyu_chousa/h15/05annzennajikkenkansatu/kaminari040326/400shikumi/frame_shikumi.htm

6 雷の落ちる範囲
雷雲の水平方向の広がりは,通常半径10km以下です。放電はこの雷雲のどこで起こってもおかしくありませんので,雷はこの範囲のどこかに落ちることになりますが,どこに落ちるかは予測できません。また,出発地点の真下が最も落雷の確率は高いのですが,ある程度の広がりをもって落ちます。雲から出発した電子は,大地に向かって,空気分子と衝突しながらも,できるだけ進みやすい道を通ります。複数の電子が先頭の電子の後に続いてどんどん押し寄せてきます。先頭の電子が直進し,力尽きたら,次の電子がそこから新しい道を開拓していきます。そのためギザギザな道になります。最終的に,背の高い物やとがった物に落ちます。雲の底の出発点から地表の到着地点までを直線で結んだ場合には,鉛直線に対して30°くらいにまでなることがあります。
雲底の背丈は1km程度と低いので,ほぼ雷雲のある地域に落ちます。



雷は 出発地点の真下が一番 落ちやすいのです。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/interview/13/index2.html

雷は高いものに落ちやすい傾向にありますが、周囲にそういった目標物がない場合は、海や砂浜にも落ちるものなのです。海で起きた事故の場合、直撃による被害はもちろんですが、海水を伝って流れてきた雷の電気が海に入っていた人に感電、その電気ショックによって気を失い、溺れてしまうという二次被害もあります。



また側撃に遭わないためにも、決して高い木には近づかないようにしてください。ゴルフ場によくある木造の東屋や、山登りの途中にある山小屋などは、雷が直撃した際、木の柱などを通じて落雷の電気が内部にいる人に襲ってくる可能性があるので、必ずしも安全とは言えません。


3 ● seble
●25ポイント

高めの山に登っているとたまにありますが、雷は横から飛んできます。時には下からはい上がってきたりして、、
電気自体にはほとんど重さはありませんから、重いから下へ落ちるわけではありません。地面がアースになってそこへ放電しようとし、たいていは空中より地面が下ですから下へ落ちるだけです。で、一番近いのは高い所なのでそこへ放電しやすいだけで、近ければどこでも良いのです。
で、金属かどうかはあまり関係ない事が分かっています。雷の電圧が高すぎるので、樹木でも人体でも十分に導体の役目を果たします。空気より電気を通しやすい物なら何でもOKです。
そして、比較的、突出部に落ちる事も分かっています。放電しやすいからなんでしょうけど、距離もあるかもしれません。だから、低い木よりは高い木の方が落ちやすいですが、もちろん、先の距離の問題があるので絶対でも何でもありません。回りに高いビルがあったところで、放電地点から近ければ自分へ落ちるでしょう。地面へ寝そべっていると当たる確率を減らせます。
確かに、雨が降っている時の方が雷被害が少ないような感覚はあります。雷の音がだいぶして、それから降ってくるというパターンも多いですね。雨になるという事は、電荷を持つ氷のつぶが落ちてきてしまうので、エネルギーが無くなるのかもしれません。はっきりしませんが、、、


4 ● kitiko
●25ポイント

雨という現象は、雷そのものというよりも、雷雲の発生、成長、消滅の過程に必要な条件であるようです。

雷(雷雨)発生の条件として、以下の3つがあげられます。

1.大気の下層が湿潤であること
2.大気の状態が不安定であること
3.空気を持ち上げるメカニズムがあること









http://www.franklinjapan.jp/contents/knowledge/
http://jasosx.ils.uec.ac.jp/JSPF/JSPF_TEXT/jspf2004/jspf2004_08/jspf2004_08-662.pdf


hathiさんのコメント
この回答の説明の言葉が少ないように思いますが、内容的には、よくわかります。 雷や落雷は、地上に雨が降っているかどうかには直接の関係はないですね。 多くのケースでは、大きな雷や落雷があるときには、その直後に局地的で短時間の大粒の雨が地上に降ります。しかし、中には、最後まで地上での雨がないときもあるようです。 >> 映像では大阪空港も咲洲も落雷地点は雨が降ってないように見れた そのような状況はしばしばあると思います。 【HPの説明】上昇気流は上層ほど強くその速度は30m/sにも達します。雲頂の高さは12kmぐらいが多くあり、16kmに達するものもあります。電光放電はこの時期がもっとも盛んです。最盛期は15分〜30分継続し、次いで上昇気流は減衰し、下降気流のみとなり、衰弱期に入ります。雨は最盛期より弱まり20分ほどで止みます。 ⇒ 上空で雷が発生し、大きな落雷が発生する最盛期に、上空から地上に向けて大粒の雨が降下しても、地上に雨が降り注ぐのは、落雷があった後になります。 一般的には、高い所に落雷すると思っていいのですが、高い所が500m先にありその高さは40mでは、その高い所に落ちずに、自分のところに落雷することはあります。高い所の真下から高さの2倍くらいまでの距離(高さ40mなら距離80m位)のところまでなら直接落雷することはあまりないでしょうが、それよりも離れれば直撃の危険はあります。登山中、ゴルフ中、農作業中、公園や遊歩道で雷撃されることはあると思った方が良いでしょう。 http://www.aobaya.jp/chishiki.html (40mなら40m以下がより良い) ただ、直接雷撃を受けなくても、被害を受けることはあるので、よくあるアドバイスを守った方が良いでしょう。 まあ、雷撃の死者、負傷者は日本で年間10人にはならないようですから、そんなほとんどないような事故まで気にする必要はないかもしれません。ほとんどないような事故の防止策を頭にいれておき、雷のときに即座に危険防止に役立てるなどは、人間業ではむりです。頭はもっと利用出来る場面が多いことに使った方が良いです。ただ、色々探るのは頭のトレーニングや科学的理解を確かなものにするには良いと思います。 >> ここで得られた知識を、被害の予防に活かしたいと思います。

5 ● 楽1978
●25ポイント

滋賀の落雷は逆に高いものがない平坦な場所に落雷の危険があるとあります。
大阪の長居公園での落雷は高率で高い木に生じるとあります。
たぶんこれだと思います。

平坦な場所も危険性が高い
「高い木の下にいれば安全」は誤った俗説であり、かえって危険である
http://bit.ly/Ozl9YW

また、雨と雷のの関係は雷が多いほど雷雨がもたらす降水量は多いとあります。
その他雷の対策はこちらを参考にしてください。
(4)雷に伴う降水
http://www.aobaya.jp/chishiki.html
3.雷から身を守るには
http://www.aobaya.jp/chishiki.html#survival


1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ