人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ウクレレの練習をしています。
ひとりでやっているので、なかなか指使いがうまくできずきれいに弾けません。
例えば下のようなコードを弾く場合、どのような指使いでひくといいですか?
(ウクレレ記法はここで使えるのかな…)
タブ譜の上から順に…
D7 (7-5-6-5)
D7 (5-5-6-5)

※曲はウクレレ・ジャズ/小林キヨシ著 ハロー・ドーリー!です。
ーーーーーーー
ちなみに、わたしはこんな感じで弾いていますが、
D7 (7-5-6-5) 人薬中子←指使い
D7 (5-5-6-5)人で5をセーハ、6を中指
この「人で5をセーハ、6を中指」がうまく出来ません。

セーハはなんとか苦し紛れにできるようになってきたのですが、他の指を使いだすと第1弦が浮いてしまいます。

指使いとあわせて、いい練習法があれば教えてください。
なかなか直接人に教えてもらえる機会がないので、同じく小林キヨシ著「ウクレレメソッド」などでも指使いの練習中です。

●質問者: yukararam
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● rarirulelele

7565や5565は、1123あたりにくらべればセーハの難易度が低いので、セーハ練習向きだと思います。

5フレのセーハを確実にしたうえで、残りの3本の指の自由度を保つのがとても重要です。指がひらくかは繰り返しの練習次第なので、まずセーハをきっちりいけるようにしましょう。

ぼくがセーハを学んだときに気づいたポイントは2つあります。1つは左手親指のネック裏をささえる位置で、もう1つはセーハする人差し指の角度です。

ネック裏はセーハする部分のどまんなかを支えるのがぼくの指では具合がよかったです。親指は寝かせないで、なるべく立てたほうがよいと思います。

人差し指の角度は、真正面ではなく、親指側の側面、自分を指さして8時から9時方向が弦にふれるようにすると、比較的安定して鳴りました。かつ、残りの指が届く範囲が広くなりやすいです。

あとはフレット内の位置、間接と弦の関係などこまかいのがありますが、3弦(C)と1弦(A)をきっちりおさえられれば、だいたいいけるようになると思います。

よく引くC(3000)を(3345)で引くとかすると、普段から練習できてよさそうですね! セーハが自由になると転調も自由になって、表現の範囲が確実にふえます。

すこしでもご参考になれば幸いです。よい練習時間をおすごしください!


yukararamさんのコメント
気づくのがおそくなりました、すみません。そして分かりやすい回答をありがとうございます! いただいたコメントを参考に自分なりに安定して弾ける弾き方を探してみたいと思います。指がつりそうになりますが…笑 他の人がどのようにされているか、動画では見れても自分の知りたいところをピンポイントで聞けないので、本当にありがたいです。 また質問しているかもしれませんが、そのときはよろしくお願いします!また弾けるようになれば、どこかで報告したいとおもいますっ!頑張ります!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ