人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

:小説探し:鹿ケ谷の陰謀後、俊寛・平康頼・藤原成経が鬼界ヶ島に流罪となりその生活を描写した小説を探しています。

●時期: 1177年(治承元年)?1178年(治承2年) + α

康頼、成経は1178年(治承2年)に赦されて 京に戻れた

俊寛はそのまま鬼界ヶ島に留まらせられ翌治承3年(1179年)食を断ち自害に至る

●描写分量: 3ページ以上

文庫本になっているものが第一希望ですが、 単行本であってもかまいません。
絶版となっているものでも、古本として入手できるものが良いです。

申し訳ございませんが、コミック系 と 『平家物語』・『源平盛衰記』、
ダウンロード書籍 以外の小説本でお願い致します。



回答には次の項目を含めて下さい。

・該当小説本の タイトル

・該当小説本の 著者名

・俊寛・平康頼・藤原成経達の鬼界ヶ島滞在描写の ページ数・行数
例: P.150?155 約5ページ / P.150 10行目?P.155 20行目

・該当小説本が購入できるネット書店内URL

・該当小説本を読んだ(事がある場合)感想・コメント(短文でOK)




回答を宜しくお願い致します。


●質問者: ???
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● offkey
●100ポイント

岩波文庫から出ている芥川龍之介の「或日の大石内蔵之助・枯野抄」という短編集に「俊寛」という短篇があります。

或日の大石内蔵之助・枯野抄 他十二篇 (岩波文庫)

或日の大石内蔵之助・枯野抄 他十二篇 (岩波文庫)

(現在は品切れ中なので中古本で入手することになります。)

それは有王が俊寛にあったときに俊寛が語った島の生活ということで描写されており、解釈が芥川龍之介の皮肉めいたものになっているので、求めている内容とちょっとずれるかもしれませんが、P201?213に渡ってその語っている部分があります。

俊寛の島の生活は平家物語では哀れな様子だったのですが、この短篇で自分の生活を語る俊寛はとても元気で平康頼・藤原成経たちの信心深さの裏話みたいなものを有王に意気揚々と話す姿が面白く、島の生活をエンジョイしている俊寛がとても可笑しかったという感想をもちました。


???さんのコメント
offkey様 ご丁寧な回答を頂きまして、ありがとうございます。 芥川龍之介が書いていましたか!! 読むのに正座して読まないと・・・(汗) こちらに描かれている元気そうな俊寛を味わうのが楽しみです。 早速入手してみますね。 回答ありがとうございました。

???さんのコメント
offkey様 教えて頂きました 芥川龍之介著作『或日の大石内蔵之助・枯野抄』が 注文していた書店より10/06(土)に届きました。 近日中に読み始めますね。 ありがとうございました。

2 ● gtore
●300ポイント ベストアンサー

芥川龍之介のほかに、菊池寛が書いていて、新潮文庫の「藤十郎の恋・恩讐の彼方に」に収められています。ページはP.249からP.282です。

藤十郎の恋・恩讐の彼方に (新潮文庫)

藤十郎の恋・恩讐の彼方に (新潮文庫)

ご参考

友達なのだが、長い流人生活のうちに、情けなく愚痴っぽい成経・康頼と俊寛との間がぎくしゃくしてくる。俊寛は二人の態度にイライラしながら、でも独りの寂しさには勝てず、二人と離れられずにいる。

http://gattovolante.jugem.jp/?eid=360

ちなみに、木下順二や松谷みよ子が「俊寛」という絵本を書いています。滝沢馬琴が「俊寛僧都嶋物語」という小説を書いていますが、入手困難のようです。戯曲では小山内薫や倉田百三が書いています。

また、芥川龍之介の「俊寛」は新潮文庫「羅生門・鼻」(P.195-226)にも載っていて、こちらなら中古でなくても入手は容易ですね。


???さんのコメント
gtore様 たくさん調べて頂きまして、ありがとうございます。 大変参考になります。 菊池寛の書いた俊寛の島生活面白そうです。 新本で入手できるようですから、近日中に注文したいと思います。 滝沢馬琴の「俊寛僧都嶋物語」タイトルにオーラがある感じがして、 とても読んでみたいのですが、古本で買える迄待ってみます。 絵本と戯曲のほうも興味あります。 大昔に芥川龍之介の「羅生門・鼻」文庫本読みましたが、 その時には【俊寛】を意識していなかったので、記憶に全くございませんでした。 教えて頂けてたすかりました。 回答ありがとうございました。

gtoreさんのコメント
そろそろ質問締め切られてもいいのではないでしょうか?^^

???さんのコメント
gtore様 はぁ?い!!!!!! 閉めまぁ?すっ!!!!

gtoreさんのコメント
ありがとうございます。

???さんのコメント
gtore様 教えて頂きました 菊池寛著作『藤十郎の恋・恩讐の彼方に (新潮文庫)』は、 近日中に書店に注文する予定です。 ありがとうございました。

3 ● みかん
●0ポイント

恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇 (岩波文庫)

恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇 (岩波文庫)


gtoreさんのコメント
sanada33さん 菊池寛「俊寛」なら既出ですよ!?

4 ● 楽1978
●0ポイント

質問の意味がよく分らなかったのですが、「俊寛・平康頼・藤原成経達の鬼界ヶ島滞在描写」というのは俊寛・平康頼・藤原成経全員の描写が入っていることでしょうか?それともこの中の一人ということでしょうか?
とりあえず倉田百三の「俊寛」がみつかりました。
たぶん、No.2の回答から合致していると思うのですが・・・
合致していなければポイントなしで結構です。
http://amzn.to/RIzvv1
文庫版
http://amzn.to/RIzxD7
http://azusa.jimbou.net/catalog/product_info.php/products_id/22110


???さんのコメント
楽1978様 > 俊寛・平康頼・藤原成経全員の描写が入っていることでしょうか? > それともこの中の一人ということでしょうか? 3名一緒に流罪になり俊寛以外の2名は先に赦されて帰京致しましたが、 3名全員の島滞在生活を送っていたかの描写がある小説を探しています。 > 倉田百三の「俊寛」がみつかりました。 回答No.2 gtoreさんより既にご案内頂いておりますので 重複回答は不要です。 回答ありがとうございました。

楽1978さんのコメント
gtoreさんの紹介しているリンク先は戯曲ですし、ウェブ小説のようなものだったので私は正式に本(小説)として出版されているの物を紹介しただけですが・・・ そういう意味で重複していないと思ったので書いただけで確認不足というわけではないのでご了承ください。その判断も含めてよく分りませんでした。

???さんのコメント
楽1978様 十分なご説明ができませんでしたことをお詫び申し上げます。 回答No.2 gtoreさんより 倉田百三の著者名を教えて頂いた際に、 倉田百三 俊寛 で 小説本がヒット致しましたので、 自分としては 既知 という認識でございました。 楽1978さんが2つめのコメント欄に書いて下さいました事、よく理解できております。 ありがとうございました。

質問者から

◆◆◆◆◆回答して下さった皆様へ◆◆◆◆◆

このたびは、探すことが難しい質問にご助力頂きまして
本当に 本当に 本当に ありがとうございました。 <(_ _)>


★質問終了後にも、該当する小説がみつかりましたなら、
コメント欄・はてなハイク・はてなポイント送信等よりお知らせ頂けますと幸甚です。


次の何かの質問にも是非また参加して下さい。
(回答欄でなくて、コメント欄のみでも OKです)

今後共、宜しくお願い申し上げます。 <(_ _)>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ