人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

『直接』という単語は、「直接行う」という例で書きますが、『間接』は、「間接行う」とは言わず、「間接的に行う」という表現になります。

直接と間接の使い方の違いには、何か理由があるのでしょうか?

●質問者: スパロウ
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● nofrills
ベストアンサー

言われてみればそうですね、奇妙なことです。
辞書を参照したところ、
「直接」は名詞、形容動詞、または副詞、
「間接」は名詞、または形容動詞
とのこと。

ご質問文にある「直接おこなう」の「直接」は副詞です。
「間接」にはこの用法(副詞としての用法)はないので、
「?的に」を付け加えて副詞化する、ということでしょう。


スパロウさんのコメント
回答ありがとうございます! なるほど、間接には直接とは違い副詞が存在しないんですね。副詞にするためには「?的に」を加えないといけない・・・・・・。 スッキリしました!

nofrillsさんのコメント
私も「言われてみれば」→スッキリ、です! (^^) スターたくさんありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ