人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高1です。進路について相談です。
私は将来税理士か会計士として働きたいと思っています。私の学校では来年に文理選択をするのですが、上の職業に就くにはどちらに進めばよいでしょうか。また、持っていると有利な資格や能力等を教えてください

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:就職・転職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

文系の資格ですが、普通高校の授業ならどちらでもほとんど関係ありません。
会計士、税理士は極めて専門性の強い資格なので、普通高校の一般的な授業はほとんど関わりません。
商業高校なら簿記の授業があるのでそこは有利ですが、実際の試験では簿記は簡単な部類なので、授業を受けなければ受からないようなら他の部分は全く刃が立ちません。
資格勉強自体は、ご自身で専門学校へ通う事になると思います。商業系の大学へ行ってもいいです。
また、税務署へ勤務すれば、一定期間で税理士資格も得られますが、実務に疎いなど現場では不利です。
また、弁護士資格を持てば税理士業務あたりはできるので、新たに資格を取る必要はありません。


2 ● 匿名回答2号

ご実家が経済的に余裕が多少あり、勉強も自信があるのなら
高校は文系を選択、大学の経済学部を卒業し、資格試験で1、2科目免除になる大学院へ進むというのもあると思います。

大学院はちょっと経済的に?、でも独学にも多少自信があるのなら
文系選択、経済学部か法学部もしくは商学部などに進学、在学中に資格取得。

勉強は基本苦手だけど資格とるために頑張る。でもできれば関係ない勉強はしたくないというのなら
資格取得のための専門学校へ進学

という感じかなと思います。

補足:なんで経済学部かというと、文系でありながら大学入試の試験科目に数学があるからです。算数・数学に弱い税理士さんや会計士さんはいて欲しくないという個人的願望も(^^;;


3 ● 匿名回答3号

>将来、税理士、会計士として働きたい。
日本の税理士、会計士は、たくさんいます。会計士資格を取得し、会計事務所に就職、独立するというのは、需要と供給のバランスから、あぶれる可能性もなくはないと考えられます。これから報酬もどんどん下がっていくでしょう。

できる税理士、会計士は、米国資格を取得しています。また、税理士、会計士だけでは仕事にならないので、関連する資格も取得しています。

・米国公認会計士(CPA:Certified Public Accountant)
・米国税理士(EA:Enrolled Agent)
・米国公認不正検査士(CFE:Certified Financial Examiner)
・米国公認内部監査人(CIA:Certified Internal Auditor)
・米国公認金融監査人(CFSA:Certified Financial Services Auditor)
・米国公認管理会計士(CMA:Certified Management Accountant)

そして、グローバルに考えた場合、会計・税理系が得意なのはフィリピンで、多くの国の会計を国境をまたいで請け負っています。
さらに、最近では、スリランカも注目をあびています。有能な会計士が多く、スリランカの経済復活の鍵は、会計士だとまで言われています。今後、スリランカへの会計のアウトソースが、急増することが考えられます。

日本は、金融、会計、税務などのファイナンスで、世界に相当遅れをとっています。上記にあげた資格やファイナンスに関して、自分で調べてみることをお勧めします。

文理ならば、理を選択したほうがいいと思います。特に統計学は重要です。データマイニングという世界へと繋がっていきます。

なお、取得しやすい資格というのは、稼ぐという意味で、あまり評価されません。

がんばってくださいね。


匿名質問者さんのコメント
ご回答ありがとうございます。 自分はできれば理系に進みたいと思っていたので、少し安心しました。 やはり、日本ではなく外国で働いた方が収入的にもよろしいのですね。

4 ● 匿名回答4号

大学の経済学部・商学部進学を考えているというと周囲は文系を勧めるとおもいますが、
進学後や働く時点になって役に立つ(数式を扱うのに慣れておける)ので理系をお勧めします。
以下はアメリカの事情で若干日本とは異なりますが参考に。
100の職業でどんな数学を使うのか1枚の表にまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers
また必要な数学とそこにたどり着くまでに必要な積み上げについてもふれられています。

受験テクニック的にも経済学部・商学部は文系扱いになるので
理系の数学メインにすると選択者数が少ないというメリットがあります。

なお普通科だと会計や税理(複利計算は数学の応用問題でありますが)はふれられないので、今から専門学校のテキストなど読んで慣れておくのも良いと思います。
極端な例ではありますが、勝間和代氏は高校時代から公認会計士の勉強を始めたそうです。
やらなければいけないというより、高校生でも読んでいいのだと思って下さい。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ